--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/11/29(水)
『抜歯・・・』
昨日、歯が痛くて歯医者に行きました。

歯医者さんに「あ~親知らずですね!疲れてくると腫れるんですよ。どうします?今日抜きます?」って言われました。

私は3本くらい親知らずがあるのは知っていたけど、抜くのは絶対嫌だとずっと思っていました。自分の歯がなくなるなんて怖いから。せっかく生えた歯なのにもったいないし。
だから、歯医者さんの発言はショックでした。
でも、私はピンときたのです。

「今日抜かなかったら、きっとこの歯医者には一生来ない」
「またどーしても抜かなきゃいけない日が来たとき、今みたいにまた悩むのはいやだ」

なので抜くことにしました。

麻酔も抜いている最中もコワイコワイと大暴れ。。
抜いているそばから血の味が・・・。
終わった後は、喪失感でいっぱいでぼーっとしていました。

しかし!
一日たったらなんともすっきり。(まだちょっと痛いけど)
憑き物が取れたみたいです。
肩と頭が軽くなったみたい。たぶん、狭いスペースに無理やり生えていたのでしょう。

あんなに嫌がっていたのに、本当にすっごく嫌だったのに、終わってみればさっぱりしたものです。こんなもんですかね!恐怖なんていうものは!!

ということで、昨日と今日はお酒を飲んではいけないと言われました。(それが一番ショック!?)
休肝して、週末の忘年会に備えることとします。



20061128-3.jpg

これ、わかります?
歯の形した、歯をいれるケース。
看護士さんが「どうします?親知らず持って帰ります?」って。
そりゃあ、持って帰りますよ!!
看護士さんに「そうか、これは縁の下に入れなくてもいいんですよね・・・」と言ったら、「そうね、また生えたらまた抜かなきゃいけないものね」と言われてふたりでゲラゲラ笑っていました。あはは。


残りの2本も早いうちに抜いちゃおーっと!(でもちょっと怖いけどね)

スポンサーサイト
2006/11/27(月)
『喜久醉 純米吟醸松下米(静岡県 青島酒造)』
先日のイベント「発酵リンク」でお持ち帰りしたお酒「喜久醉」。

20061105-10.jpg


持って帰ったはいいけれど、ちょっと家で飲むには高級すぎたようです。あまりに高級さを感じるもんで(静岡弁ね)、調べたら720MLで¥4500?! きゃー(実際は¥3570でした)
そんなことも知らず、マグカップに注ぎ、電子レンジをかけてみたり、常温にしてみたり、色々試してしまいました。こんな時しかできませんね。。

フレッシュで、透き通っていて、香り良く、本当にバランスの取れたお酒です。あっという間に飲んでしまいます。喜久醉の青島専務はあまりお酒が飲めないそうで、それもあってこのようなお酒を造っているとか。優しい味かもしれません。喜久醉は普通酒もかなり美味しいそうです。飲んだことはないので、今度飲みたいですね!


喜久醉は静岡の藤枝市にあります。藤枝には他に、杉錦、志太泉なんかがありますね。この地域は水が良くて、水量も豊富なんだそうです。青島専務がそう話されていました。(イベントの時は喜久醉さんブースにずっとかじりついて話を聞いていたのだ)。
他に静岡っていうと、掛川の開運、清水の臥龍梅、焼津の磯自慢、由比の正雪なんか好きですねぇ。

5年ほど住んでいた静岡県は、かなり好きです。西部もいいけど、東部が好きかな。
静岡を去る時に開いてもらった送別会で、偉い人が「では、ユキ猫さんのためにこれにしよう」と言って飲んだお酒は「開運」でした。うれしかったですね。さて!開運したかどうかはわかりませんが(笑)

そんなわけで、今夜は喜久醉で一杯です。



-----------------------------------

☆お知らせ☆
なんと、日本酒忘年会にフルネットの中野社長がいらしてくれることとなりました~びっくりだっ!
当日の飲み放題のお酒は
★竹鶴  ★睡龍  ★どぶ  ★鷹勇  ★炭屋弥兵衛  ★石鎚 
★尾瀬の雪どけ  ★勢起  ★天界  ★十四代  ★上喜元  ★羽前白梅 ★神亀  ★天穏  ★旭若松
などなどとなりそうです。(でもまだ分からないよ!)
締切は30日!
日本酒はあなたを待っています☆

2006/11/26(日)
『第30回呑斉会へ行く』
行って参りました。呑斉会。
すごい混んでましたね!大盛況。

お酒は、京都は錦市場の津之喜酒舗さんのセレクトだそう。

みやこつる 純米大吟醸無濾過原酒(京都伏見 都鶴酒造)
ひょうたんから駒(丹後 ハクレイ酒造)
月の桂 祝 純米吟醸(京都伏見 益田徳兵衛商店)
松の司 純米大吟醸 黒ラベル(滋賀 松瀬酒造)
松の司 山廃純米吟醸 心酔
招徳 西山 純米(京都伏見 招徳酒造)
梅の宿 純米酒(奈良 梅の宿酒造)
梅の宿 ゆず酒
相模灘 純米吟醸(神奈川 久保田酒造)
能古見 純米吟醸 中汲み(佐賀 馬場酒造)
不老泉 山廃純米吟醸 中汲み(滋賀 上原酒造)
富翁 丹州山田錦 純米吟醸(京都伏見 北川本家)

お酒リストを見ると、やはり京都中心に西の酒が多かったです。
あまり西の酒を飲む機会が少ないので、嬉しい限り。
実際、飲んだことあるのは月の桂と梅の宿と相模灘くらい。
新しい出会いでした。勉強になりますね。

20061125-3.jpg

この日は都鶴の社長さんがいらしていました。
今日の無濾過原酒は、蔵の中で氷温で寝かせたもの。フレッシュ感があり、渋味と旨味が凝縮されている気がしました。


20061125-1.jpg

富翁。旨味とコク系。


20061125-2.jpg

松の司純米大吟醸。
酒粕っぽい香りと、辛味と渋味があって、口の中が洗われる感じ。たぶん、これが一番人気だったと思う。瓶がすぐに空になっていました。
この松の司の山廃純吟バージョンは、酸が効いてて美味しかった。


20061125-4.jpg

能古見。私は今日の中ではこれが一番かな~。
「香りが強すぎる」という人もいたけど、まぁそうかもしれないけど、でもよかった。口の中で香りがはじけるというか。


20061125-6.jpg

同じくらいよかったのがこの「不老泉」。
味があってよかったぁ。グラスがいっぱいで、茶碗蒸しのフタで飲んでました(笑)


20061125-5.jpg

招徳の「西山」。農家の若い息子さん「西山」さんが作ったお米ですって。西山さんも来てました。どっしり系でした。


20061125-7.jpg

番外編(笑)
試験管にお酒を入れて、自分でお燗を作れる魔法瓶!
すごいですね~。


20061125-8.jpg

はい、美男美女。
私がナンパして連れてきたランちゃんとリエコちゃん。津之喜酒造の藤井さんも一緒に。藤井さんはキム兄にそっくり!!キム兄もお店に来てくれたことがあって、お互い「似てますねぇ」と言い合ってたらしい(笑)。藤井さんはとにかく熱い!熱い!熱い!こんな熱い人と久しぶりにお話しました。



というわけで楽しい会もおしまい。


ランちゃんとリエコちゃんとまがりさんの4人で新宿二丁目で二次会(笑)。
二丁目がかなり気に入ってくれたようで、帰りは初めてショッピングをしてしまいました。
割れないシャボン玉液をお買い上げ


そろそろユキ猫は二丁目も案内できるようにならないと!?(笑)




-----------------------------------------------
☆お知らせ☆
そんな新宿2丁目!! 松の屋さんで12/2日本酒忘年会行います。(詳細はこちら)
・ただいま20人を超える参加者です!!貸切決定!!
・6時集合6時半開始
・会費5千円
・日本酒たっぷり飲み放題
・素晴らしく美味しい食べ物がたっぷり
・水も飲み放題(水飲もうね!)
・酒でも肴でも持ち込み自由
ちょっとでも「行ってみようかな~」と思われた方、ぜひ来てくださいね!!
参加希望・お問い合わせは私(メールはこちら)松の屋るみちゃんまで。締切は30日です☆



2006/11/24(金)
『はしごの日』
先日はとっても不思議な日でした。

仕事がばたばたしていて、残業が深夜まで続きました。
この日は、女の子たちからお誘いあったのに~・・・と泣く泣くキャンセル。

仕事が終わって帰ろうとしたら、「メシくらい行くか~」と立飲み屋へ。
20061124-1.jpg

もうどうにでもなれ!と手取川など飲む。他に梅酒と赤霧島など飲む。

その後、松の屋さんへ行く約束もあったので、12時近かったけど行ってみる。次の日休日だし、顔だけ出すか~みたいな。
20061124-2.jpg

あ、尾瀬雪だぁ~。
もう、最後のちょこっとしか残っていなかった。ラッキーなのだ。

そしたらお店に、酒の会でお会いした着物美人キヨコさんともとやすさんがいた。最近、お店で知り合いに会うのが増えてきた気がする。
キヨコさんと彼氏さんの間に入り込み(笑)、飲んでいたらあっという間に1時近く。
お店も閉店となったので、そのままソファーで寝てしまいました。


「ユキ猫ちゃん、起きて。行くよ」
起こされて、目が覚めたら4時半。

近所の喫茶店へ行く。二丁目にあるカフェCoCoLo。

20061124-3.jpg

朝食を取るるみちゃんとしーちゃん。
ユキ猫もサラダなどつまむ。

6時頃までお店にいて、そのまま解散。
さわやかな空気のまま家に帰りました~。

あ~なんだかさっぱり。


-----------------------------------------------
☆お知らせ☆
そんな松の屋さんで、12/2 松の屋さんで日本酒忘年会行います。(詳細はこちら)
ただいま20人を超える参加者です!!貸切決定!!
・6時集合6時半開始
・会費5千円
・日本酒たっぷり飲み放題
・素晴らしく美味しい食べ物がたっぷり
・水も飲み放題(水飲もうね!)
・酒でも肴でも持ち込み自由
・人がいっぱい来たらお店は閉店まで貸切
ちょっとでも「行ってみようかな~」と思われた方、ぜひ来てくださいね!!
参加希望・お問い合わせは私(メールはこちら)松の屋るみちゃんまで。締切は30日です☆



2006/11/22(水)
『しぼりたての季節』
今年初の新酒はコレ!!

20061121.jpg


緑のふなくちは初めてです。
飲みました。甘い飲み口とびりびりと新酒のしびれ。旨みはまだ少ないですね。開けて2日目はちょっとまろやかになっていました。バランス的にはもうちょっとかもしれませんが、新酒らしい味わいはやっぱり美味しいものです。止まりません。

私は、どうも「しぼりたて」という言葉を見ると、買わずにいられません。

日本酒でいうと、私は1~2月頃が一番お酒の消費量多いですね。一番お酒が似合う季節かなと個人的には思っています。家でこたつに入りながら新酒を飲む。はんてんも着ますよ、母手作りの(笑)

なので、最近、家にある、ちょこっと残った日本酒を着々と飲みながら片付け始めています。なんとなく、新しい季節に向けて準備を始めている感じ。冷蔵庫や日本酒スペースがだんだんと空いてきて、ちょっとわくわくしてきます。


もうすぐ師走ですしね。


ワインも買っちゃった。しぼりたて。


大好きな勝沼ワイン。しかも大好きなデラウエアワイン。

これね、デラウエア。
20061117-1.jpg

粒の小さいぶどう。生で食べると面倒だからあまり食べないけど、これでできたワインはぎゅっと旨味と甘みが詰まっていて美味しいです。
食後やおやつ代わりに最適。

とにかく、私はお酒が好きなんですね。
大人になれて、よかったな~と思う瞬間です。ふふふ。


-----------------------------------------------
☆お知らせ☆
12/2 松の屋さんで日本酒忘年会行います。(詳細はこちら)
・6時集合6時半開始
・会費5千円
・日本酒たっぷり飲み放題
・素晴らしく美味しい食べ物がたっぷり
・水も飲み放題(水飲もうね!)
・酒でも肴でも持ち込み自由
・人がいっぱい来たらお店は閉店まで貸切
ちょっとでも「行ってみようかな~」と思われた方、ぜひ来てくださいね!!
参加希望・お問い合わせは私(メールはこちら)松の屋るみちゃんまで。締切は30日です☆



2006/11/20(月)
『だめでもともと』
こないだ、一緒にお酒を飲んだ人が、話の流れで自分の結婚のいきさつについて話してくれました。

学生時代、女性の先輩が好きで、彼女が卒業する時にプロポーズをした。そしたら「付き合っている彼氏がいるの」と断られた。その彼氏は自分より10歳近く年上で、社会人だったので「これはダメだな」と思った。

そして、10年後、また彼女に出会った。
彼女はまた付き合っている人がいたけれど、何回かデートしてくれた。3ヶ月目にまたプロポーズした。そしたら「親に会って」と言われ、会ってみたらOKが出て結婚することになった。

この話は衝撃的でした。
たぶん、結婚まで行くカップルは多かれ少なかれこんなロマンスはあるのだと思う。運命の出会いというか。それでもすごいと思った。

その人は、営業の仕事もしているので「ほら、営業には『だめでもともと』って言葉があるでしょう?」と笑いながら言っていた。

「だめでもともと」かぁ・・・と心に残った。


今週末は「呑斉会」というお酒の会です。
先日の福島酒の会でナンパした美女ふたりにメールして、酒の会のお誘いをしてみたら驚いたことにOKがでました。ブログでも「だれか行きませんか?」と言うだけ言ってみたら、まがりさんが来てくれるそうです。
どちらのお誘いも、本当に「だめでもともと」でした。あの結婚ロマンスの話に勇気付けられなかったら、誘うことは出来なかったかもしれません。


ということで・・・

12月2日の松の屋さんでの「日本酒大忘年会」来て下さい!(笑)
日本酒に興味のある方は、ぜひ。
何となく行ってみようかなと思われた方は、ぜひ。

皆さんにお会いできたら、とっても嬉しいです!

締切は30日です☆
2006/11/19(日)
『美容院でも日本酒』
休日なので、美容院行ってきました。

いつも髪切ってくれる人が、福島出身で新潟のとなりなので、よく地元の話をしています。
そういえば、こないだ福島酒の会に行ったから、その話でもしようかな~なんて思いながら、てくてく歩いていきました。

20061118.jpg

福島酒の会のお土産だった「雪小町」美山錦大吟醸。
もしかしたら、飲むかしら?と持って行くことにしました。


さて、美容院。
もうちょっと髪伸ばした方がいいと思うよ、とか、長さ出てきたからあまりくるくるとパーマかけないからね、とか話してました。
で、福島の話をして、酒の会に行ったことも話してみました。

「え?ユキ猫さんお酒飲むの?」って。
そういえば、そんな話はしたことなかったな・・・と、日本酒が大好きなことや、利き酒師の資格取ったことなど話したら、とてもびっくりしていました。お酒は家では飲まないけど、面白いね、自分興味ありますよって言ってくれたので、お酒持ってきたのと言ったら、とっても喜んでくれました。

最後に渡す時「冷やして、きれいなグラスに入れて飲んでくださいね」とささやかなアドバイス。にこにこして受け取ってくれました。

別に、日本酒を広めよう!とかそういうのではないのだけど(あまりそういうことを思ったことがないんです、プレッシャーに弱いので)、いつも気に入った感じに髪を切ってくれるので、私なりの感謝の気持ちでした。
最初のころは「パーマかけろかけろとうるさい人だ」と思っていましたが(笑)


気に入ってくれるといいね。
日本酒のお友達になってくれたらいいね。

2006/11/19(日)
『2006☆日本酒で大忘年会』
忘年会の詳細決まりました~。
みなさま、ぜひぜひいらしてくださいね☆
楽しみにしています。

参加される方は、るみちゃんにお知らせください。

ただいま20人を超える参加者が出ています!
貸切決定!どんどんみなさん来てください♪

☆☆松の屋るみちゃんからのメッセージ付きお知らせ☆☆

こんにちは~。

詳細決まりましたのでお知らせいたします。

今年4月の初の日本酒の会、春酒会。

岐阜酒「鯨波」さんの杜氏さんを囲んでの夏酒会。

嬉しいことに日本酒づいてきた松の屋ですが、

ぼけ~っとしていたら秋酒会を忘れちゃいました(笑)

ので、

急遽、冬酒会を開催いたします!!!

題して「日本酒で大忘年会!」です。

期日 12月2日(土) 6時集合 6時半開始~(3時間ほど)

会費 お一人様5000円(税込み)

場所 もちろん松の屋

★日本酒飲み放題(お水も飲み放題、笑)

★お酒、ツマミ持込OK。
試しに飲んでみたいお酒、披露したいお酒、自慢したいお酒など隠しもっている方はお持ちくださいませ。
また、お料理は充分にご用意いたしますが、この酒にこのツマミと思うもの、手作りツマミなどございましたらお持ちくださいませ♪

★当日、人数が集まれば閉店まで貸切としたいと思います。
人数が思うように集まらなければ時間制で、最悪中止となるかも・・・(ーー;)
皆様、お一人お一人が幹事さんとして仲間を集めて下さると嬉しいです(他力本願的お願いです)♪

★初めての方でも、日本酒がお好き(または気になる)であれば大歓迎です♪

★男性女性、または中間(場所柄)20歳以上であればどなたでも♪


お問い合わせ、ご参加表明は

このブログ上、またはmatsunoya_c@ybb.ne.jpへメールを。

またはお電話でも03-3351-3115。

または共同幹事ユキ猫ちゃんへ。

〆切 11月30日(木)。

お待ちいたしております(^_-)-☆


--------------------------------------



2006/11/16(木)
『限定特別純米酒「綏酔」(すいすい)(長野県 岡崎酒造)』
1年前くらいに長野の上田市に行った時、お土産に買ったお酒。

「綏酔」(すいすい)
20061116-3.jpg


720mlで2500円くらいしたのに買ってしまった。美山錦の純米吟醸。
というのも、色々試飲させてもらって、これが一番「!」と来たから。
注いだ時からキラキラと光って見えた。
他に買うお土産もないし、予算もあるからまぁいいか!みたいな。


でも、買ったはいいけどもったいなくて飲めずにいました。1年ぶりの再会。
時間がたって味が落ちているかな?とちょっと心配でした。でも、もしかしたら、お酒ではなく自分の舌が変わっているかもしれません。あの時はピン!と来たのに、もう今は来ないかもしれない。そう思うとさみしくて、というか何となく怖くなりました。お酒を確かめるのか、自分を確かめるのか。

開けてみたら、そんな特別なことはありませんでした。何事も考えすぎはいけません。
あの時と同じように感じました。

香りはほんとにわずかで、華やかさはほとんどないかも(たぶん、香りが落ち着いてしまったのだと思う)。おだやかで、酸味とほのかな苦味と渋みが最後にぐっと上がってくる感じ。なんというか、地酒っぽいけど味が澄んでいる。淡麗かもね。冷たくして飲んだほうが美味しい。なんとなく気になって、飲み続けてしまうお酒です。



今日は納豆を食べました。

20061116-2.jpg  20061116-1.jpg

紙に包まれた納豆食べたの久しぶり。
においは苦くって、子供のころ納豆が苦くて好きじゃなかったことを思い出しました。豆腐も厚揚げも好きじゃなかった。今は大好き。

最近は豆づいていて、毎日のように豆腐か納豆を食べています。ここんとこ、豆腐ようも仲間に加わりました。豆腐ようがまた美味しい。買いだめしたい。


2006/11/16(木)
『忘年会のお知らせ』
そろそろ今年も終わりに近づいてまいりました。

さて、みなさん忘年会しましょう

12月2日(土)、松の屋さんで忘年会行います。
ぜひぜひ、お時間ある方はいらしてください。
お店に来たことある人も、ない人も、どちらも大歓迎。
美味しい日本酒が飲みたい方、色々な日本酒を飲んでみたい方はどなたでもお越しください。ユキ猫がお相手しますよ!

詳細は決まってないですが、5~6千円で日本酒飲み放題です。
自分が好きなお酒あったら、どんどん持ち込んじゃってください。
肴も持ち込みOKですよ


また詳細決まったらお知らせしま~す。
よろしくね!

2006/11/14(火)
『焼肉ダイニング「viande」へ行く』
風邪ひいちゃいました・・・。
流行ってますよねぇ。

こんな時に焼肉のお誘いがありました。うれしいですねぇ。

錦糸町の「viande」。前も一回行ったことあるけど、お肉が美味しいので大好き。

20061113-1.jpg

見よ!
この美しいお肉。

この日はマッコリ飲んでビール飲んでワイン飲んで。。。
20061113-2.jpg

最後は日本酒。立山でした。
お店の若社長がいたので、思わず「日本酒いっぱい置いてくださいね!!」と猛アピール(笑)。

その後しっかり別の店へ。
私のために、日本酒置いてあるお店へ連れて行ってくれました。
20061113-3.jpg

黒龍なのだ。

初めて飲む人たちばかりだったけれど、とても楽しかった。
「ユキ猫さんってやっぱり強いんだねぇ」と、慣れないことを言われて(笑)ちょっと調子に乗ったかも。

気をつけよう!!
2006/11/12(日)
『福島酒の会へ行く』
先週金曜日は、福島酒の会へ行ってきました。

場所は丸ビル!!
あんな都会風ビルは初めてでドキドキでした。

会場もおしゃれにセッティングしてあって、真っ暗!
蔵元さんたちのところとステージだけほんのり明かりがついていました。おかげで写真は撮れず。。

20061111-1.jpg



3000円の会費だったけど、ぜったい採算度外視だったでしょう。
福島の食べ物、お酒、とにかく食べ放題飲み放題。
おみやげまでたっぷり付きました。Tシャツに、お菓子に、お酒。
すごかった。。

福島の酒というと、知っているところで、飛露喜、天明、奈良萬、榮川、国権、金寶・・・。どれも美味しかった。(あ、奈良萬さんは売り切れでもうなかったけど。)
榮川さんは純米酒が好きだったし、あとは金寶さんがやっぱり好きですね。今度一升瓶買おうかな。

全体的には・・・
そうですね、なんかね、お水の味を感じました。
しかも、岩から染み出たような、雪どけ水みたいな味。高い岩山の味。
20蔵くらい来ていて、一応全部飲んで、色々な味があったけど、なんとなくそれは共通していたような気がします。

それにしても。。。
こないだの土佐の酒の会に来ていた人にも会えたのですが、ほとんどの人に「こないだすごい酔ってたね~」と言われたのが恥ずかしかった!!
というわけで、9時の閉場とともにそそくさと帰宅しました

最近、きれいな女性を見るとすぐに声をかけてしまう。
20061111.jpg

声をかけて、写真をとらせてもらって、名刺までもらっちゃった。
エッセイストの磯部らんさんと、日本酒出版社におつとめの宇野さん。
自分がきれいになりたいのであれば、きれいな友人から学ぶことが近道か!?と最近思う。


2006/11/10(金)
『久々のプレーリー』
新宿2丁目松の屋さんへ行った。(あ、土佐の会の時に行こう行こうと騒いでいたのはココですよ!)

久しぶりにプレーリーとデートでした

20061110-1.jpg

るみちゃんに差し入れ。


20061110-2.jpg

鷹勇の山廃古酒を燗つけて。
あぁ、みりんだわ・・・。旨い。

20061110-3.jpg

アスパラ焼き。
ほっくり甘い。


20061110-4.jpg

だしまき卵。

20061110-5.jpg

素敵なマダム発見!!

「すいません、写真撮らせてくださーい」と頼んでみた。
20061110-6.jpg

「ほほほ、写真など撮ってどうするの?」
「今日はコンサートの帰りですの。ここは初めて来たのよ。」
日本酒を嗜む淑女たちは、本当に素敵でした。
おつまみやら、チョコレートやら、色々頂いてしまった。
あのご婦人たちにまた会えたらいいな。



20061110-7.jpg

チョコとプレーリー。

久々のプレーリーはだいぶ酔っ払ったようで(笑)、えぇ~もう帰るの~なんて言っていました(笑)。もう11時だぞぉ。
そんなに長い時間ではなかったけれど、ゆっくりお話できてよかった。
また、一緒に過ごす時間を持ちたいなと思いました。妹なので!

2006/11/08(水)
『呑斉会に行きましょう』
先日の土佐の会でお会いした、漫画家の高瀬先生からお酒の会のお誘いを頂きました。


☆第30回呑斉の市販酒を楽しむ会のお知らせ☆

酒屋では「ひやおろし」の言葉が並び、食料品店では秋の味覚が今宵のお酒を誘っています。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
恒例になっていました夏の臨時会、今年は日程が取れず開催できませんでしたが、その分11月の定例会でお楽しみいただきたいと思います。今回は京都・錦の「津之喜酒舗」さん推薦の旨酒を楽しみたいと思います。店主の藤井さんもお見えになる予定です。

 日時:11月25日(土)
   6:00PM~(5時半受付開始)
 場所:中野北口「大将」
(03-3388-7680)
 会費:7500円(ビジター8000円)
 定員:45名 締め切り:11月22日

どなたか、ご一緒してくれたらうれしいです。
懲りない私ですみません。

先生にお会いした時、肌の若さに本当にびっくりしました。
お話をしていたら、私と同じ新潟出身でしたよ。ほほほ。




というわけで、興味のある方は
ユキ猫へのメールまでご連絡ください。
コメント入れてくださっても、もちろんかまいません。

2006/11/07(火)
『土佐酒の会はすごかった』
「世界初の土佐酒と宇宙酒を楽しむ会」に行ってきました。

20061106-16.jpg

土佐は本当にすごかった・・・。

20061106-1.jpg

乾杯酒は久礼で美しくスタート。

20061106-4.jpg

ブログでお友達になったにこるさんと初めてお会いしました。想像通りの素敵な女性でした。このテーブルは女性ばかりで、「女性のためのお酒スクール」に通っていた方たちが、それぞれお友達を連れてきていました。一気に日本酒好きのお友達がたくさん出来て、とてもうれしかった!!

さてさて、蔵元さんの紹介です。
20061106-2.jpg

土佐しらぎくさん。

20061106-3.jpg

安芸虎さん。

20061106-5.jpg

土佐鶴さんは、もう今年の新酒が出ていた!一昨日しぼって詰めたばかり。

20061106-6.jpg

氷に入った南さん。

20061106-7.jpg

あの「美丈夫」の濱乃鶴さん。
こんな渋い瓶ですが、味は一番おしゃれっぽかったな。

20061106-8.jpg

藤娘さん。

20061106-10.jpg 20061106-9.jpg

無手無冠の奥様。すっごく肌が綺麗でお若いことにびっくり。日本酒効果でしょうか。
この生酒も強烈に美味しかった。

20061106-11.jpg

久礼さん。

そしてこのあたりから、記憶が・・・。
土佐の酒を飲むうちに、どうやら土佐パワーに染められてきたらしい。

20061106-12.jpg

亀泉の奥様。なんとなくウチの母に似ていて、「お母さん、お母さん」と甘えていたら、すっごく仲良くしてくれました。亀泉ファミリーの仲間入り。社長も、叔母さまも、親戚?の蔵元さんも、みんないい人。ユキ猫に息子さんとの縁談の話もちらほら(笑)

20061106-13.jpg

桂月さん。高知の酒の中で一番甘く、甘党の私にはとても美味しかった。

20061106-15.jpg

文佳人さん。おしゃべりがとても楽しい方でした!
この「糀おしろい」もすごかった。

土佐の酒、はじめていっぱい味わいました。
全体的に「生活に密着した酒」という印象でした。飲みやすく、酸と渋が効いている感じ。最後にぎゅっと締まるから、また飲める。とにかく、土佐はすごい。

そして二次会へ・・・。
亀泉ファミリーさんが京橋のお店へ連れて行ってくれました。
憧れだった亀泉さんは、本当に家族みたいな方たちでした。
お店で飲んでいたら、ぞろぞろと土佐の蔵元さんたちが合流!!!

このうれしさってわかります??

もう、嬉しくて嬉しくてはしゃぎまくっていました。
土佐人は酒の飲み方が違います。酒を飲むことが自然なこと。明るくて、酒好きで、からっとしている。土佐パワーに乗っかってとにかくはっちゃけていました。

ふらふらになった私を、亀泉の奥さんとお姉さんに「帰るよぉ」と手をつなぎ、腕を組んでもらって電車へ。たぶん、渋谷あたりで別れたと思う。私はそのままタクシーへ。。

「・・・お客さん、お客さん!!着きましたよ!!」
で目が覚めたら家の近く。
「まったく、やっと起きた・・・ブツブツ。ほら、バックの中に水入っているでしょう?飲んで、飲んで。」と水を飲まされました。あまりにも私が熟睡していて、身元確認でもしたのだろうか??

「美しく飲み、美しく帰る」を人生のテーマにしている私が、久々にやらかしてしまい、次の日は猛反省でした。

でも、よかった。
最近、酒ブログを閉鎖しようかなと少し思っていたのですが、そんな気持ちを土佐パワーが吹き飛ばしてくれた気がします。頭の上の蓋が飛んだ感じ。酒の神は私を見捨てはしないのね。感謝です。


2006/11/05(日)
『連休は高尾山』
連休は高尾山に行ってきました。
一年に一度は山に登らないと気がすみません。高尾山は今年で3回目です。

朝は6時起きで出発!

20061105-1.jpg

高尾山入り口。朝早いのであまり人もいません。
寒い・・・。

20061105-2.jpg

この参堂に来るまで一苦労。
5分歩いただけで苦しくて「もう帰ろうかな・・・」と本当に思いました。


20061105-3.jpg

だいぶ頂上に近づいてきたぞ。

20061105-4.jpg

山の中腹にある神社。
神社&寺好きの私は、こういう彫り物を見ているだけで楽しいです。物語を感じます。

20061105-5.jpg

あっさりと頂上。この手軽さがまたいいです。

帰りは、ちょうど今から登る人たちでごった返していて、とても混んでいました。山とはいえ、さすがは東京だなと思いました。
小さい子供がたくさんいて、自分が子供の頃、よく親に山に連れてきてもらったことを思い出しました。こういう思い出は一生消えませんね。この子達もそうなのでしょうか。




20061105-6.jpg 20061105-7.jpg

帰りは、どうしてもお好み焼きが食べたくなってお好み焼き屋さんへ。
ビール2杯飲んじゃった。最高の幸せ。

あぁ、このまま時が止まればいいのにね。
ふとそんな風に思いました。
自然のある暮らしは良いものです。

2006/11/04(土)
『旧東海道沿い「ごっつ」で村祐』
週末は、飲みのお誘いを受けました。
「どこ行くんですか?日本酒あるなら行きますよ~」ととりあえず打診。

結局行ったのは青物横丁駅の近くの「ごっつ」でした。

20061103-2.jpg


おっ、なかなかありますね。日本酒。
最初は村祐で乾杯。
それから酔鯨飲んで、大七飲みました。
鍋つついたり、ゴーヤチャンプルー食べたり。野菜がたくさん食べれて嬉しかった。

20061103-3.jpg

まるまると太ったぎんなん焼き。

20061103-4.jpg  20061103-1.jpg

「リストにないお酒もあります」というから聞いてみたら、春鹿が新しいとのこと。
開けたてはやはりいいですね!

途中、トイレに行って席に戻ろうとしたら、女性の店員さんに「あの、スカートめくれてますけどいいのですか?」と言われてしまいました。
きゃー・・・

あぁ、でも久しぶりに美味しい日本酒と温かい料理を食べてほっとしました。
ほっ。


2006/11/02(木)
『大井町「飛龍菜館」へ再び』
最近、早寝早起きを心がけています。
北条早雲の10ヶ条のひとつに「朝は4時に起きること」ってあるそうです。
そうなれたら仙人クラスだなと思いつつ、試してみたけどなかなか続きません。しかし、早起きは気持ちがいい。

20061101.jpg

夜、家に帰るとき、一駅前に下りて歩いていた習慣を、朝にシフトしてみました。運動は夜より、朝の方が一日が快適に過ごせるみたいです。気持ちいい!

そして、昨日は中華料理屋さんに行ってきました。
料理がすべて¥250。大井町駅そばの飛龍菜館というところでした。


20061101-2.jpg   20061101-1.jpg


最近、とっても野菜不足なので、青菜炒めをひとりで2皿食べました。
あとは、納豆が油揚げに包まれて揚げてある「納豆揚げ」が美味しかった。
子瓶に入った冷酒も飲んで。

帰りの電車は、寝過ごさないように立っていたのに、やっぱり寝過ごしました。
一駅だけど。。

こんな日の翌日は朝寝坊ですね(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。