--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/01/29(月)
『泡盛カーニバル☆2007』
週末は長野に行っていました。

学生時代の友人たちに会い、遊んできました。
いつになっても、仲間っていうのは、いいですね。
ご縁が続くことに感謝です。

さてさて、友人のひとりmasamiさんが、泡盛に目覚め愛してやまないという話を聞いたので、お宅に見物に行きました。皆でお宅集合。


まずは、コンビニで買った長野地酒を持ち込み。
20070128-1.jpg




お宅は・・・

20070128-2.jpg

わわっ、甕がある~。


そして、次々に振舞われるとっておきの秘蔵酒たち。
はじまってしまった大宴会!!
泡盛も、意外なほど味に幅があり、どれもこれも驚きの連続。
ユキ猫、たくさんの泡盛にはしゃぎ、恐ろしいほど飲んでいました。。
皆で飲むと、どうしてこんなに美味しいのだろうね。


さてさて、お酒は画像だけアップします。
色々説明してもらいましたが、なかなか一度では覚えきれませんね。やはり奥が深いのです。


20070128-3.jpg  20070128-6.jpg



20070128-4.jpg  20070128-7.jpg



20070128-5.jpg  20070128-8.jpg



20070128-10.jpg  20070128-12.jpg


20070128-11.jpg  20070128-9.jpg


20070128-13.jpg


もっと色々お酒出ていましたね。最後には甕まで開けていました(笑)。
masamiさんが本当に泡盛に詳しくて、びっくり!!
蔵のこと、製法・熟成のこと、沖縄の島のこと…。
話し出し、聞き始めると止まらず、酒談義が爆発していました。

その後私は、おおいに酔っ払い、おそらく大いに暴れ(汗)、大いに吐き(すみません)、帰りのチケット取ってあったのに時間に間に合わず、結局最終列車で帰りました。

いや~~すごかった。
でも、とっても楽しかった。



泡盛もいいね!!

スポンサーサイト
2007/01/27(土)
『白ワインでサングリア』
こんにちは。ユキ猫です。

「酒粕+お湯+日本酒」の甘酒の作り方、正しくは砂糖ではなく塩をすこし入れるのが正しい作り方のようでした。隠し味ね。実際作ってみたら、うまみがアップして、なんとなくどぶろく風でした。よかったら試してみてね。でも、皆さんそれぞれ楽しんでアレンジされているようですね。生姜もいいそうです。色々広がっていって楽しいね!


さて、先日雑誌を見ていたら「カクテルのお店特集」ってありました。ついついお酒のところばかり見てしまうので、じーっと見ていたら、サングリアの美味しいお店があるとか。無性に飲みたくなってしまい、作ることにしました。(←ちゃんとお店に行こうね!)

クックパドで調べたら、フルーツは何でもいいみたい。
会社帰りにリンゴ買って、洋ナシ買って、オレンジのかわりにいよかん買って、もういいかな。赤ワインも買いたいなと思ったけど、確か家に飲みかけの白があるから、それでまぁいっかということにしました。瓶も重いし・・。

フルーツ切って、ワインに漬けるだけ。
オレンジは、皮を薄く切って入れる。白いところは苦味がでるんだって。
漬ける時間は2時間~一晩。
一晩たったら、フルーツはもう出さないとだめです、って書いてありました。特にオレンジ系は苦味が出るんだって。

翌日にフルーツを取り出して食べてみたら、めちゃめちゃ美味しかった!ワインの方は、苦かった(←いよかんの白いところが入っていたので)。こりゃーだめかなぁと思って、いよかんだけ取り出して、とりあえずそのまま放置しました。


その後、バタバタと色々忙しくて、ずっとサングリアのことを忘れていました。今日になって「あ!あれあったっけ!?」と思い出し、慌てて冷蔵庫へ。

リンゴと洋ナシをちょっと食べてみたら、ものすごいマズイ!!!
ワインとか、フルーツとかの不味い成分がすべて染み込んだ感じ。。
うわーこりゃーだめだーと思って、それでもワインをちょっと飲んで見ました。


・・・美味しいぞ???

ワインの方は、果物のうまみがすべて出ているようで、それはそれは美味しいものとなっていました。きゃー

ぎゅっとフルーツまるかじり。の気持ち。
美味しかった~。

美味しいものを食すのは、大人の愉しみなのであります。

値段とか、そういうことではないのだけどね。


2007/01/23(火)
『越乃雪月花 純米大吟醸 袋吊中取 (新潟県 妙高酒造)』
日本酒+酒粕の甘酒はいいですね~。なんだか田舎風の味わいで心が温まります。

板粕にしょうゆをつけて食べるのもまたウマイです。
なんでこんなに美味しいの!?というくらい。豆腐ようみたいな感じかしら。お酒ががんがん進みそう。
でも、これを好きという人はあまりいないかもね…。酒飲み好みの味?かもしれません。


さて、先日の甘酒に使ったお酒は・・・。

越乃雪月花。袋吊りの斗瓶囲いの中取り。18BY。

20070113.jpg


久しぶりに飲みましたが、いいですね。
まろかやでぽってり優しい。。お燗にするとまたいい。渋や酸が消えてカスタードプリンのよう。
このお酒、やわらかく酔えるのがまたいいです。自分としては、良い酔い方ができるお酒はいいお酒かなと思います。深いところに届くお酒。

ちなみにこれは、一升で3500円くらい。
最近、ちょっと値が高くてもいいから、美味しいお酒が飲みたいなと思うようになりました。以前はもったいなくて飲めませんでしたが…。

他にすごい贅沢しているわけでもないし(たぶん)、せめてお酒くらいは満足いくものを飲みたいな~みたいな。一生のうちで、飲めるお酒の量って限られてそうだし。。(←最近飲めなくて弱気になっている!?)

…あぁ、早くごくごくと飲みたいよ!




2007/01/22(月)
『酒粕で甘酒』
美味しい酒粕をいただきました。澤やまつもとの酒粕。
お酒が美味しいと酒粕もうまいというけど、本当ですね。
そのまま食べても美味しかったので、びっくりしました。

酒粕で甘酒・・・。
酒粕で甘酒なんて、美味しくないよ~と思っていましたが、そんなことありませんでした。沸かしたお湯に、酒粕を溶いて(味噌漉しでね)、ちょっと煮詰めたら完了。
お砂糖入れなくても美味しくいただけます。本当に美味しい。幸せになります。


ある蔵人さんに、酒粕を使った甘酒の作り方を教えてもらったことを思い出しました。

それは、酒粕に日本酒とお湯を半分ずつ入れて作るという方法。
砂糖は、入れたかな?入れないかな?忘れちゃった。

酒粕に酒入れて飲むっていうのは、しぼる前の酒の状態に近いのかしら…?と思うとやってみたくなります。⇒なのでやってみることにしました。

酒粕ちぎって、お酒入れて、お湯入れる。出来上がり。
酒粕の溶かし方が中途半端だったので、ちょっとまろやかさに欠けましたが、それでも十分美味しかったです。にごり酒のような、それよりあっさりしたような。体が温まって、栄養の吸収もよい感じがしました。
なんか蔵の人たちって、美味しい酒の飲み方色々知ってそうでうらやましいな~。ずるい。


酒粕といえば…
また違う話も思い出します。兵庫にある蔵の娘さんのお話です。
子供のころ、ある日家にタヌキが迷い込みました。珍しかったのでお父さんは酒粕を与えてみました。タヌキは大喜びで食べていて、そのうち気分が良くなったのか、はらづつみをはじめましたとさ!!…まじで!?おとぎばなしみたいですよね!今も忘れられません。




さてさてところで、ユキ猫の日本酒入り甘酒、何のお酒を入れたでしょうか??
次回のお楽しみ~。
これまたまろやかで美味しいお酒なのですよ。










-------------------------------------------------


最近、頂いたメールにお返事すると戻ってきてしまうことが増えてきました。申し訳ありませんが、ここでお返事させて頂きます。

>あきぴょんさま
紹介いただき有難うございます。
お返事遅れて本当にすみませんでした。何度も何度も返信しても戻ってきてしまうので、てっきりアドレス変更でもあったのかと…。この記事見ててくださればいいですが。
飛騨・・・ちょっと遠いけど、チャンスがあれば行ってみたいです!

>にょろもさま
はじめまして。ブログ読んでくださって有難うございます。
好きなラベル・・・、ラベルにあまりこだわってはいないのですが、村祐みたいに字がころっとしているものが好きかもしれません。でも、基本的に、どんなお酒でも酒瓶とラベルを見るとそれだけで飲みたくなります。なので画像を載せています。


2007/01/19(金)
『安東水軍 特別純米 無濾過生原酒(青森県 尾崎酒造)』
最近、梅のいい香りがしてきます。
お正月ころからでしょうか。蝋梅の時期ですね。

20070119-0.jpg

1月に梅が本当に咲くなんて、東京来るまで知りませんでした。
今住んでいるところは、梅が多いところなので、よく見かけます。
香り、強いですよね。鼻をぴったりくっつけてにおいをかぐとクラクラしてきます。桜も同様。

さてさて、いよいよ安東水軍が届きました。

20070119-2.jpg


尾崎酒造のsnowmomocoちゃんは、昨年末クリスマスに無事男児出産。よかったよかった。
蔵の方は、今期からなんと、新しい杜氏さんへ。
どんな味になったかな~と楽しみにしていました。

聖水のような清らかなお酒。
新酒らしく、ほのかにマスカットや青梅のような青い若い香りがします。(どうして果物でもないのに青い香りがするんだろうね)
飲んでるそばから氷みたいにすーっと消えて、心もつられてしーんと静まります。

昨年とは、ちょっと違うかな?と感じましたが、またこれから変化していくのでしょう。毎年少しづつ違うのも日本酒の楽しさです。来年もまた楽しみにしましょう。

こんなふうに、生活の近くにあって、温かく見守っていくような酒蔵が自分の中にもっと増えていったらいいなと思うのでした。

リハビリ中なので、この日はコップ1杯でおしまいです。

2007/01/17(水)
『リハビリ中』
最近、日本酒の飲みすぎがたたって、何だか飲めなくなってしまいました。

なので、小休止しています。

リハビリとして、ビールから始めて白ワイン、梅酒(日本酒仕込み)、最近は紹興酒のお燗まで大丈夫になりました。

そろそろ日本酒飲めるかな。

近日中に、「安東水軍」「鯵ヶ沢」でおなじみの尾崎酒造のしぼりたてが届くしね。

2007/01/15(月)
『雑賀 梅酒(和歌山県 雑賀豊吉商店)』
みなさま、こんにちは。

最近のユキ猫近況・・・。

①携帯版ミクシィ
 学生時代の友人たちの間で、いつの間にかミクシィが流行っていたらしい。ユキ猫も誘われました。以前、ミクシィを始めたけど、ブログで手一杯になり、更新がおぼつかなくなってしまった経験があり、う・・・と思っていました。でも、驚いたことに、「携帯版ミクシィ」ってあるんですね。PCからはアクセスできないんです。携帯からしか見れない。ちょっとだけ始めてみようかなと思っています。でもその前に、携帯をパケ放題にしなくっちゃ。

②あかすり初体験
 会社の友人に誘われて、初めてあかすりたるものを体験しました。
 場所は新大久保のコリアタウンにある「ルビーパレス」。24時間営業で女性限定。まさに女の園なのです。サウナ4種類に軟水のお風呂。簡単な韓国食堂もあるし、寝るところもあったりして、自由に移動できます。女性だけなので、みんなラフにバスローブだけで食事をしたり、裸でうろうろしてたり、開放的です(笑)。というか日本人があまりいないかも。韓国に来てしまったような気分でした。
はじめてのあかすりは、気持ちよかった~。寝てしまいそうでした。セクシーな黒い下着を付けた女性が施術してくれます(笑)。ここは、お風呂だけでも12時間で3千円くらいなので、終電がなくなった時に来てもいいかな~と思いました。たどり付ければですが・・・。
友人とお風呂につかりながら、「飲み会ばっかり行ってる場合じゃないわよね~」とうっとり。そうそう、女子は色々と忙しいのです。
うっとりしながら家に帰って、ゆっくり梅酒など飲んでくつろぎました!!

雑賀の梅酒が美味しいのだ。日本酒仕込み。
20070113-1.jpg

甘すぎず、べたつかない。ぎゅっと梅の香りと旨味が詰まっています。

以上。

2007/01/10(水)
『新春美酒の会へ行く』
更新おくれてすみません。
お正月の飲みすぎ?がたたって、若干体調崩し気味でした。
最近お酒は小休止しています。


というわけで・・・
先週はフルネットさんの新春美酒の会に行ってまいりました!

午後1時スタートでしたが、起きたのが11時半という寝坊っぷり。
しかもどしゃぶりだったので、着物は断念し、洋服で行きました。

ぎりぎり到着~。
るみちゃんを待たせてしまったかしら・・・と心配していたら、受付で私のちょい後にるみちゃん登場(笑)。彼女のこんなのんびりさが好き(笑)。

本日のお酒は、天の戸(秋田)、雪の茅舎(秋田)、上喜元(山形)、開運(静岡)、雨後の月(広島)、獺祭(山口)。うん、まさに美酒たちです。

会場に入ると、最初は利き酒クイズがありました。上の6つのお酒を飲んで、その後、また順序を変えたものを飲み、どれとどれが同じだったかを当てます。このクイズ、結果は惨敗。たぶん、この銘柄だろうな~というのはなんとなく想像つくのですが、それと同じ味を選べというとなかなか分かりませんでした。そんな私に中野社長に「ははは、気にしなくていいんだよ。酒の世界は奥が深~いからねぇ」と励まして(?)いただきました。ほほ。

その後はお楽しみの試飲&お料理。

20070106-2.jpg


ひとつの蔵から5~6種類は出ていたでしょうか。
どれもこれも美味しそうで、目移りばかりしていました。
席の隣が雪の茅舎さんだったので、お話しながらあれこれ飲んでいました。

そのうち今度は「読み方の難しい日本酒銘柄クイズ」が始まりました(笑)。
これは駄目かも~と思いつつ、とりあえずチャレンジ。何でも書く。
楽々鶴(ささつる)、伽藍瑞龍(がらんずいりゅう)などなど、不思議なお酒がいっぱいでした。結果は・・・30点くらいだったかな?

その後、また試飲時間。結局全種類一応飲んだかしら。
目の前に色々あると、ついつい口をつけてしまいます。

雨後の月。直汲生原酒。
キウイ、りんご、白桃など色々なフルーツを集めてぎゅっと絞ったようなみずみずしさ。
20070106-1.jpg

雨後の月の社長さんもいらしたので、お話を伺ってみました。
雨後の月は、広島の友人(くりいちごさん)の影響で好きになりました、あのフルーツっぽさがいいですよね、なんとなく静岡のお酒っぽいイメージがありますなどと話すと・・・

「あ、珍しいですね。ウチのお酒は広島では出ているけど、関東ではあまり出てないんですよ。
実は私はあまりお酒が飲めなくて、香りがあった方が飲みやすいので、そういう酒を作っています。でも、色々付き合いとかで、2次会、3次会まで行くと、香りだけでは飽きてしまう。だから、さわやかで、飲みやすくて、ずっと飲んでいられる酒を目指しています。自分の理想はまだまだ遠くにあって、今の酒はまだまだ追いついていないと感じています。」

というお答えが返ってきました。お酒が飲めないので香りを・・・、喜久酔さんと同じだな~と思いました。
こういうお話が出るかどうかは、モロモロのタイミングによるので、いい話が伺えて嬉しかったです。
この日はこんな感じの優雅な会でした。
帰り際、真っ赤になった私の顔を見て、上喜元の社長さんに「あんたぁ、ずいぶんいい色になったねぇ。でもね、赤くなる方が肝臓が丈夫だっていうよ。」などとまた励まされて(?)もらいました。


会がお開きとなったので何種類か持ち帰り、その後松の屋さんでお燗つけたりして遊んでいましたとさ!



2007/01/06(土)
『タイトルちょっと変えました』
1月はおでんの季節です。
私は1月になるとよくおでんを作ります。
ウチは大きい鍋がないので、小さい鍋で作ろうとするとすぐに鍋がいっぱいになってしまいます。なので「第一弾」「第二弾」と分けて作ったりします。冬だからいいのだ。
一昨日は、大根と手羽元だけで煮てしまい、ただの鶏大根みたいになってしまいました。まあいいか。

さてさて、2007年になりました。
酒ブログを始めて色々な人や酒に出会いました。
まだ、日本酒を知って日は浅いですが、この世界を少しだけ垣間見て、感じたこと。それは、「自分が何をしたいか」です。日本酒が好き、でその次はどうするの?みたいな。
でも、結局は、たぶん、普通に日本酒を楽しんで飲む、そういう日々を送る、それだけでいいのです。特別なことは何もない。そう思ったらなんだかすごくラクになりました。

私は書くことが好きです。今までブログ書くときは「自分は何を書きたいか」と「どんなことを書いたら喜んでもらえるのか」を半々くらいで意識していました。でも最近、それがひとつにくっついてきたような気がします。

自分の愛するものを伝えたい。自分の表現を受けとめてほしい。そんなことって、多かれ少なかれありますよね。

おでんを食べながらこんなことを考えていたら、とてもたくさん食べてしまいました。
また大根足さなくては。

2007/01/03(水)
『2007☆新年のお酒』
お正月もそろそろ終わりといった感じですね。
皆様はどんな時を過ごされたのでしょうか??

私は、今回はどこへも出かけず、この上なくゆっくりしました。
唯一行ったのが、日帰り温泉くらいですね。

でもって、飲んだお酒たち。

20070102-3.jpg


まずは越乃寒梅の無垢(特別純米酒)。新潟県新潟市。
開けたてはちょっとバラバラな感じがしたような気がしたけど、2日目はまとまって飲みやすかった。最初ほのか~にマスカットだけど、あとは香ばしいカラメル。あっという間に一瓶空いた。

20070102-1.jpg


それから、越乃かたふね。本醸造生貯蔵酒。新潟県上越市。
上越らしいほんのり甘口。葡萄のような渋味と酸味。あとひいて、どんどん飲めます。

20070102-2.jpg

萬寿鏡。生貯蔵酒。新潟県上越市。
とにかくなめらか。まとまりがいい。

その他のお酒・・・

新潟・長岡の美の川酒造のにごり酒。甘口にごりでお正月!って感じ。
新潟・上越の鶴齢さんの本醸造。これは美味しかった!
石川・金沢の福光屋さんの超辛口酒。ぽってりしてていいぞ!

こんなところでしょうか。
その他にも、色々飲みましたが・・・。



実家の母が最近、私のブログを見ているようで、「見たわよ」と電話がかかってきました(汗)。初めて見たらしいのですが、その日の日記がまたよくなかったので、あせりました!ウチの祖母も一緒に見たらしく、「あぁおっかね(コワイって意味です)、おっかねや」と相当引いていたみたい。どうしましょ。


そんなこんなですが、一年のスタートとしてはまぁまぁよかったかもです!

2007/01/01(月)
『2007☆謹賀新年』
みなさま、明けましておめでとうございます。



昨年、一度でもブログに来て頂いた方達に心からお礼を申し上げます。遊びに来てくださって有難うございました。そして、皆様にとって、今年が良き年となるようにお祈りしております。幸せの輪がつながっていきますように。

去年はどんな年だったかな~などと振り返ってみました。
なんだかんだとありましたが、病気もせず良い年だったと思います。今年も色々あるかもしれませんが、ならべく前向きに笑顔で過ごしたいと思います。日本酒も私を支えてくれるしね。




さてさて、ここ最近の報告を・・・。

昨日は東京プリンスホテルで催されている「和のアートクラフト展」へ行ってきました。頑張って着物で行きました。
花押の望月先生がいらしたので、ご挨拶をして、「たけくらべ」など読んでお茶を頂きました。
組みひもなど、和の小物系も多く、楽しめました。
(■和のアート・クラフト展
日時:12月31日(日)~1月3日(日)Am10:00~Pm18:00
   初日Pm13:00より 最終日 13:00まで
場所:東京プリンスホテル・2階 鳳凰の間

和を扱う25の団体が各ブースで出展販売されます。
以下が出展者リストです。)



そして年末のとある日は、秋田からmikiちゃんが遊びにきてくれました。あまり時間もなかったけれど、まずは東武デパートのバー楽へ。待ち合わせは酒売り場(笑)。

本日のお酒たち。

20070101-1.jpg 20070101-2.jpg

阿部勘&田酒山廃純米吟醸。久しぶりの田酒は美味しかったぞ。

20070101-3.jpg 20070101-5.jpg

長野は佐久の十二六。これは旨い!
そして鶴齢の無濾過原酒。私としてはいい意味で新潟くさいお酒だな~と感じました。

20070101-6.jpg

小佐衛門の雄町。開けたてを頂きました。めちゃめちゃ美味しかった!

20070101-8.jpg

飲み比べ。
雪中梅吟醸&黒龍垂れ口&遊穂直汲み。
どれが好み?とか話しながら飲むのが楽しかった。時間がたつとまた味わいが違って楽しめました。

20070101-7.jpg

そんなmiki姫。今日も酒ノートは欠かせません。

急ぎ足で松の屋さんへ。
20070101-9.jpg

鷹勇&旭若松14BY&而今新酒の利き酒セット!
あとはお料理などを味わう。
私の持ってきた長珍生生5055を皆にも飲んでもらいました。

あとは、楽しくおしゃべり。久しぶりだもんね。
あまり時間がなかったので、早めにお店を出ましたが、充分楽しめました。また遊ぼうね!



さっ、お正月も飲むぞ~!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。