--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/07/30(月)
『ゆずとりんごの漬物』
週明け~。

だるいね~。

土日はひたすら寝てばっかりいました。
ヨガに行こうとか、買い物行こうとか、どっか行こうとか、思ってたのに~。


そんな初夏のお漬物。

070729_223921.jpg

↑もうなくなる寸前。

本見て作ったのですが、ゆずとりんごジュースで味付けするんです。
この発想、なかなか自分には出ないっ!

出来上がりは、りんご臭さは全然なく、なんとも爽やか。お上品。
さっぱりして箸休めにぴったりでした。

☆☆簡単な作りかた。☆☆

【材料】
大根1kgくらい。
(以下漬け汁)
柚子果汁10cc
リンゴ果汁150cc
赤唐辛子輪切り二本
鰹節30g(だしパックやお茶パックに入れる)
昆布 20×30cm(酢水でさっと洗い、適当な大きさに切る)

【作業】
①大根切って一晩塩漬け、ザルにあげて水切りします。
②ビニール袋に①の大根と漬け汁を入れて、冷蔵庫で2日おきます。
 袋の中の空気を抜いておいてください。



美味しかった~。また食べたいな~。
誰か作ってくれないかな~。



以上。

だらだらしまくり~。

スポンサーサイト
2007/07/26(木)
『バードコート&井の中』
最近の外飲み記録!

①北千住の「バードコート」行って来ました。

大きいガラス張り、照明は落としてあるけど明るい雰囲気、きびきび動くスタッフさん。どれも印象的でした。

お料理は、やっぱり鶏中心です。なんというか、自然の中で育ったような、さっぱりしたお肉でした。

塩漬けした骨付き鶏を熟成させ、表面だけ揚げたという、「風鶏(フォンチィ)」が、めっちゃめちゃ美味しかったです。コラーゲンプルプル、皮はパリパリ、肉は味わい深くジューシー。「こんな鶏ははじめてかも」と、骨の髄までしゃぶり取って食べました。店員さんに「きれいに食べたね~」と誉められました。

あとはつくね。
生姜みたいな、なんだろ、さわやかな味がちょっとした。
付け合せの卵黄がまたおいしくて(軍鶏卵らしい)、指ですくってなめていたら、「ちょっと待って!パン出しますから!」と卵黄用のパンを出してくれました。で、皿ごときれいに食べました。

あとは、レバーペースト、親子丼、オリーブオイルが最高のお豆腐。

お酒はずっとどぶ。一番最初に出た、割り水燗が、すっごく美味しかった!水を多めにしてあるのかな、大人のカルピスみたいでした。ぐいぐい飲めました。
この日はK嬢と、KT氏と、Iさんと私で、2升半。
お銚子が、花瓶か?というくらい、でかかった。3合は軽く入ると思う。

最後に出た鶏スープに、間違ってどぶを注いでしまい、それがまた最高に美味しかったです!

②錦糸町「井の中」へ行って来ました。

鶏が続いたので、豚にしよう!と井の中さんへ。
一軒目に井の中さんに行ったのは初めてでした。

まあ~よく食べたこと食べたこと。

豚バラのオーブン焼き(旨い)、トマトソースパスタ、サラダにお浸しに味噌漬けカマンベールフライ。生レバー。じゃこ煎餅に鰯の酢〆やモロヘイヤソース付き鴨やタコのマリネが乗った前菜盛り合わせ。

…もっと食べたかも(笑)
お酒は最初にギネス飲んで、後は睡龍とどぶ(笑)

お店の工藤さん、思ってた以上に若くってびっくりした。

井の中さんはちょっとカジュアルな感じがしたから、女性同士でワイワイやるのも良さそうだなぁ。

日本酒いっぱいあるし!

以上。
2007/07/24(火)
『焼酎ルネッサンスへ行く』
22日、大塚屋さんの紹介で焼酎ルネッサンスin東京へ行ってきました。

会場は若い男性、多かったです。タイプの人はいなかったかな(笑)。じゃらじゃらもじゃもじゃ系は、あんまり、ね。。多分、料飲店関係の人なんだろうな。

070722_140448.jpg


有名な、あんな蔵、こんな蔵。
全部飲みたかったけど、時間切れで飲めませんでした。残念。

一番気に入った、ふたつの蔵。

ひとつ。
070722_131053.jpg

豊永蔵。
直火でお燗してくれます。これを氷の中に溶かして飲む「燗ロック」が美味しい。後は、熱燗をそのまま小さい「ぢょこ」で飲む。びっくりするくらいまろやか。
社長さん、なかなかダンディさんでした(^_^)

もうひとつが、寿福酒造。画像忘れてた~。
ここも、直火燗してました。お燗の用意があったのはこの二蔵だけだったかな。球磨焼酎(くまじょうちゅう)はもともとこうやって飲んでいたそうです。

寿福さんは、パワフルおばさまでした!かっこよかったぞ。
ここの傍のテーブルで、お料理食べ、寿福がぶがぶ飲んでました。



あとは・・・。
もらった冊子見ながら、「あ、この蔵飲んだことある!」みたいなノリで回ってました。

ブース回りながら、「長期熟成ってないんですか?」と言い回っていたら、「…うーん、普段、どんな酒飲んでいるの?」と聞かれ、「はい、古酒しか飲みません!(ウソだけど)」と答えてました。だって、そうでも言わないと出してくれなそうだったんだもん。

そしたら、「ええい、これはどうだ!」と21年物の蕎麦焼酎を出してくれたお蔵さんがいました。どうやら、蔵の隅で忘れ去られていたものらしい(笑)。

大事そうに注がれたお酒を、わぁ~い、と喜んで飲んでいたら、「でもね、焼酎はね、ウイスキーとかと違って、初年度から飲めるんだよ」「これは前の杜氏さんの味なんだよ」と切々と説かれている最中、「ふ~ん、そうですか~、で、もう一杯21年ものください!」と並々注いでもらいました。
絶対全部飲むから、と。

他には、黒糖焼酎の五年ものを飲みました。酸がよかったな~。会場にグラスがなくなっていたので、立食のスープカップで飲んでました。

さすがにスープカップは私くらいでしたが、でも、うれしかったのが、どこのブースも沢山飲むことを歓迎してくれること。酒王国はこうでなくちゃ!!!


他にもっと回ろうとしたけど、時間切れ。
いや、これ以上時間あったらやばかったかも…。

最後の抽選会では、ちゃっかり焼酎グラスまで当選しましたo(^-^)o


楽しかった!


帰りは、昼間にも関わらずしっかりと電車を寝過ごしました。

そして降りた駅のデパートで、夏の薄物の着物を衝動買い。

070722_222124.jpg

一枚欲しかったの。
もう、浴衣は良いのは売れてしまったかな~という印象でした。


以上!
2007/07/22(日)
『風呂敷マニア』
待ちに待ったお給料日!

会社帰りに風呂敷買いました。

龍柄。
070720_220134.jpg


夏らしく?オレンジ。
070720_220105.jpg


これは前から持っている紺柄。
070720_220226.jpg


どれもこれも、105cm四方。一升瓶2本サイズ!
風呂敷はこれでなくっちゃね。

バックにしたり、もの包んだり、用途色々。
バック買うより、安いんだよね~。

風呂敷収集、楽しくって、見てるだけで幸せになっちゃう。

やばい、収集癖が付きそうです。





2007/07/20(金)
『新潟のんびり食い倒れの巻』
こんにちは!ユキ猫です。

竹鶴祭りの翌日、実家に行ってきました。
台風で横風強かった~。


で、到着。宴会。
070715_191332.jpg

前日あんなに飲んだにも関わらず、お燗セット。
どうもいいとっくりがないので、急須燗。今度は何か持って帰ろう。
おちょこもあるにはあるんだけど、小さいので、お椀サイズを買って帰ろうと思う。どうもおちょこが小さいと面白くないのだ。

上の画像に神亀の「小鳥のさえずり」が写っていますが、これは竹鶴祭の最後にふらりと現れたもとやすさんから頂きました。思わぬプレゼントにあやうく恋に落ちるところでした。どうも酒に弱いのです。
酒を提供する人は1割、酒を造る人は2割、酒をプレゼントしてくれる人は3割かっこよく見えます。いや、ほんと。
ということで、わいわい飲んで、ほとんどお酒はなくなりました。
鯛&あさり&海老で出汁を取った、母の手作りパエリヤが肴でした。


翌日。
新潟にある、小さな島「粟島」に行こうと家を出発。
10時の船に乗り遅れ(もはやいつものこと)、どうしよっかな~と車で考えていたら・・・。


グラグラグラっ
…誰かに車を揺らされたかと思いました。
地震でした。


県内は一気に電話が通じなくなってしまい、宿とも連絡が取れませんでした。が、特にこの近辺は建物も壊れていないし、何とかなるか~と次の便で出発することにしました。
船も動いていたしさ。


到着。
曇り空だったので、海水浴はあきらめて、海で遊んでいました。
島中、とにかく静か。時間がゆっくり過ぎていきます。

母に借りた大きい帽子をかぶって、石ころの浜辺でごろごろ。
石が太陽の熱でほんのり温かくって、背中にあてて横になっていたら、知らないうちに眠っていました。




さて、夕食。
魚メインです。鯛、さざえ、とか。
070716_180918.jpg

魚がね~、うまいのよ。刺身、煮付け、焼き物。
どれもすっきりして雑味がない。さっぱりして歯ごたえがある。
最後は、鯛のお頭をほぐして、ご飯に乗せてお茶かけてずずっ締めました。



翌朝7時。
070717_0720~01.jpg

浜辺でわっぱ飯を食べます。


これがわっぱ飯。
070717_0709~01.jpg

熱く熱く焼いた石を入れて、味噌と酒でぐつぐつ煮るんです。
入っていた魚は鯛とかわはぎっぽかったです。

ご飯に魚乗せて、汁かけて、ずずっと。
070717_0730~01.jpg

うんまい~。
子供の頃、粟島で食べたコレが忘れられなかったんだよね。



魚を食べまくって、船乗って、ただいまっと。



自分の行ってた高校の近くをついでにドライブしました。

高校生の夏、しょっちゅう食べていたかき氷が食べたくなって、食堂へ行ってみました。


あった、あった、まだやってた!
070717_123012.jpg

このかき氷、人工のシロップ香料とかは一切使っていなくって、ほのかな自然の味がとーっても美味しいんです。


メニュー。「イッセンスは使用しておりません(笑)」
070717_122755.jpg  070717_122814.jpg

値段もほとんど変わってないな。


この後、お気に入りだったパン屋さんでパンを買い(高校時代はこれで5キロは太ったと思う)、実家の近くのお寿司屋さんで魚スープのラーメンを食べて帰りました。


帰りの新幹線ではまた電車が止まってしまったので、ビール飲んだり酒飲んだりしているうちに、いつのまにか寝てしまって、気づいたら大宮でした。




以上。

2007/07/19(木)
『竹鶴エロス祭 報告』
竹鶴祭、宴の後。
070714_213321.jpg

酒は官能で味わうもの、考えるのはその後でいい。


帰りゆくあやや。
070714_213330.jpg

・・・というわけで、エロス祭り。



雨の中、頑張ってエロス浴衣を着て、タクシーで松の屋に向かいました。

お店は満員!
大きい大きい石川杜氏ももちろんいらっしゃいました。

私は(例によって)ちょっと遅れてしまったけど、皆さんお燗を楽しまれていました。

前日の撃沈が効いて、ゆったりめのスタート。
お友達には「どうしたの?テンション低いね」って言われました。許して~

大好きな番外編や、初めて飲む大吟醸、独り占めしたいにごり酒(←最後は独り占めしました)。
ひやと燗で飲み比べできたり、焼鳥の皮をかじりって脂がぎゅっと出たとこで、酸の効いた雄町を飲んだり。


そのうち、エロス杜氏のお話がはじまりました。

「私の話は長くて飽きるという定評がありますが、ネタを仕込んで参りましたので、忘れないうちにお話します」と。


やばい、この人、面白いな~。



「私は今まで、『放し飼いの酒造り』を基本として、酒造りはならべく管理したり、余計な手を加えたりしないようにして造ってきました。そして、キモトを造るようになったとき、ある大きな気づきがありました」

なんだろう?


「キモト造りの過程で、米をすりつぶしてしばらくすると、米は乳酸でいっぱいになります。他の雑菌は全て死んでしまいます。しかし、酵母だけは何故か生きている。自ら出した乳酸で乳酸菌が死んだ時、唯一生き残った酵母がアルコール発酵をはじめます。

…これって、自然界の何かに似ていませんか?」


さぁ、何でしょう?


ふふふ。



こんな感じで、石川エロス杜氏のお話はスパークしました。
すごかった。びっくりした。


もともと、竹鶴のお酒は大好きで、あの野性的な飲み物はどうやって出来るんだろう~って思ってました。
飲んだ瞬間、何も考えたくなくなるような、は~っと染み入るお酒。


そうか~こうやってできるのか~。みたいな。笑


その後、自己紹介タイムとなり、それぞれ酒話、エロス話、2丁目話、色々披露。楽しかった!ちゃんと女装して来てくれている男性もいて、嬉しかったし、可愛かった。自己紹介の最後が私だったので、「ルミルミめ~」と思ったけど、まあ、なんとか、乗り越え・・・ついでに私まで暴走しました。


石川杜氏には3つ、どうしても聞いてみたいことがありました。
①竹鶴はどうしてすっぱいの?
②酒は古酒、女は年増なの?
③石川さんは超たくさん食べるって本当?


①だけ皆の前で質問したところ、そしたら、すっぱくしようとして造っているわけではない、結果としてそうなっただけだ、と言われて、ストンと腑に落ちました。
他の答えは内緒です(笑)



あとは・・・浴衣女子達が「わぁ、大きい手」と手を合わせていたり、「じゃー私は第二婦人ね」「じゃー私は第三婦人」などと、妾順序を決めてみたり(ユキ猫は第六番申請中)。


・・・一体なんの会だ?(笑)
さすが松の屋だ!!!


最後に、石川杜氏ととっておきのエロス写真を撮ってもらったのですが、これは門外不出となってしまいましたとさ。



ということで、エロス祭でした~


どんな報告だ~







2007/07/14(土)
『松の屋さんで撃沈』
やってしまいました。

仕事関係の飲み会、松の屋さん予約して、いっぱい無理言ってコース出してもらいました。

プレーリーもいたし、みんなお料理もお店も気に入ってくれたし、嬉しくて飲みすぎ…。…ごめん!!!

そして今日はこれから竹鶴祭(笑)。

あぁ、松の屋さんで飲むとどうしてこんなにラクで楽しいのだろう?

助けて!

以上。
2007/07/12(木)
『『闘う純米酒』読んだら腹減った。』
『闘う純米酒』読みました。

20070712.jpg


いや~、夢中になっちゃった。
最初はぼちぼち・・・だったけど、だんだんスピード加速!
最後は通勤の友でした。

これを読んでいてもたってもいられず、神亀を一升瓶3本買った方もいます(それはちえさんです)が、その気持ちもわからないでもない!
私も「小鳥のさえずり」が飲んでみたくなっちゃったな。今度飲もうっと!

確か、初めて神亀飲んだのは3年前くらいで、日本酒をやっと自分で買うようになったころでした。生酒を一升で買ったと思う。
なんとなく、うまい酒だな~、と思って、なんとなくすぐに一升空いてしまったような記憶が(笑)。

と思って過去の記事を見てみたけど、まだブログはじめる前のことだったみたい。何もなかったです。(「前に生酒を飲んだことがある」とは書いてありました。)しかし、その後ひこ孫は一升で買っていたようで、焼き芋みたいな味がしたとありました(笑)


それにしても!

料理と酒の関係は奥が深い!
これを追求する限り、この先の人生は楽しいっぱなしではないかと思う、今日このごろ。



以上。


2007/07/10(火)
『中目黒 シェリー酒「VENENCIA」へ』
極楽~。

先日、自由が丘にある知人のお店、アジアンアロマサロン「プルメリアヒル」に行ってきました。
お部屋の中はなんとなくバリっぽく(詳しくは聞いてないからわからないけど)、ふわ~と落ち着きます。そしてアロマのとってもいい香りで満たされています。体調と気分に合わせて好きなオイルを選び、マッサージ。照明を落としてくれるので、もうぐっすりと眠ってしまうほどでした。


終わった後は、「シェリー酒飲みに行かない?」と中目黒のVENENCIAというお店に連れていってもらいました。
途中、このお店を紹介してくれたという、東京都の住職さん(!)も合流し、3人でお店へ。店内は木をたくさん使っていて、照明も控えめ、広すぎず、まるでシェリー樽の中にいるようでした。それか船の中かな~。
「ユキ猫ちゃん、いつも日本酒だから、たまには違うのもいいかと思って!」と言われ、それもそーだなぁ…と思いました。確かにちゃんとしたシェリー酒飲んだのは初めてでした。

さてさて、シェリー!

お店の方と住職さんにアドバイスもらいながら、最初は軽めのものからスタートしました。それから、徐々に熟成の進んだものへ。

私は全体的に辛口のものをチョイスしました。熟成が進むにつれ、琥珀色、べっこう色、カラメル色となって、味も深く濃厚になっていきます。たくさんのシェリーがあるのですが、メニューは熟成具合によって3つに分かれていました。住職さんは、同じ銘柄のお酒を熟成違いで飲んでいくのが、最近楽しいと言ってました。なるほど。


お料理も美味しくって、酢漬けや生ハム、アボガドなどの前菜盛り合わせや、お手製パエリアを食べました。重めの熟成酒にはレバーペーストがいいよ、と勧められ、言われるがままぱくぱく食べました。


あれこれ飲んで、食べていたらあっというまに11時半。
慌てて最後に生ビール飲んで帰りました!


あ~美味しかった!!
スペイン行きたくなっちゃった!




…最近、食事中は写メを全然取らずさぼっているので(だって食べたいんだもん)、たまにはお店のレポートを書いてみました。いいぞいいぞ。



さー、今日も美味しいお酒と食べ物に出会うべく、がんばろーっと!!

2007/07/09(月)
『この週末のイロイロ』
この週末はイロイロでした~。


金曜日。着物美女キヨ子に会う。日本酒ライター修行中。
「酒があれば男なんて!」などとは決して言わない、いい女。

阿佐ヶ谷のホルモン焼きをたっぷり食べて、おしゃべりおしゃべり。
実はふたりで飲むのは初めてだったので、「ユキ猫ちゃん、意外と落ち着いているね」と言われました(笑)。(←私だって、いつもいつも本気飲みしてません…)

このあと、日本酒のお店善知鳥へ連れて行ってもらいました。
お勧めのお酒を何種類かお燗つけてもらいました。
おなかいっぱいじゃなかったら、おつまみ色々食べてみたかったな。
店主さんともお話できて、よかったです。


日曜日。
新宿「SMILE」へ。
グレー地に赤と青のあやめ模様の浴衣&濃ピンク帯。るみちゃんから昔もらった、とんぼ玉の帯締め。(←るみちゃんに見せたら、自分がプレゼントしたことすっかり忘れてた、彼女らしい…)

会場には浴衣をはおった、蔵元さんたちがいっぱい。皆さん素敵でした。
蔵元さんは法被より浴衣や着物がおしゃれではないかと思いますが、いかがでしょう?そっちの方がイベントでもモテるかと。
松の寿の若葉さんにも声をかけて頂いて、とってもうれしかった。

ちょっと早めに会場を出て、松の屋さんでひと休憩。
しーちゃんに「TVでも見るかい?」と付けてもらう。…まるで親戚の家に来たようだ。その後卑猥な言葉をかけられながら、おしりを触られまくる。ほんとにしーちゃんは面白い。

足の疲れをとってから、おいとま。
着物を古着見た後、阿佐ヶ谷の「志の蔵」さんへ。
初めてひとりで行っちゃった。
竹鶴とか、睡龍飲みながら、のんびり夕食タイム。
木村さんとお店の話、食べ物の話、調味料の話なんてしてました。
ゆったりしてとても楽しかった。
なかなか女性がひとりで行けるお店ってないからね。


さっ、また今週もがんばりますか~!


2007/07/05(木)
『浴衣決めたよ』
7/14、エロス杜氏を囲む竹鶴祭り。

浴衣の帯は黒にしようかとさんざん迷い、白にしました。

070704_215652.jpg


飾り紐は黒としました。

竹鶴祭り参加者の半数以上は女性。しかも一人1升は軽い。
さぁ!大奥の座を仕留めるのは誰か?
ユキ猫もがんばらねば。

そして、同じ日阿佐ヶ谷「志ノ蔵」ではどぶ祭り。
丸の内沿線が燃えております。

モテモテの竹鶴石川杜氏&睡龍加藤杜氏。
私ももちろん大ファンです。
男性は50歳近くなってからがいいのかしらね~。
…あ、るみちゃんみたいになってきちゃった(笑)


ということで、今週末は日本酒イベント「SMILE」。
この日の浴衣はまた別にしつらえよーっと。


2007/07/03(火)
『大塚屋さん&松の屋さん』
こんにちは~


先日、お酒の大塚屋さんと松の屋さん行ってきました~。


大塚屋さんはIさんと一緒に行ってきました。
大塚屋さんの優しい旦那さまがお相手してくださいました。
そして竹鶴の12BYの山田錦を即買い。やった~

閉店間際におじゃましてしまったのですが、お店に戻った京子夫人と話に花が咲いてしまって、ついつい遅くなってしまいました。いや~女子はいいな~。話が盛り上がりすぎて、写真撮るのも忘れたし、帰りに定期まで落としてしまいました。
すぐ見つかったけど!


で、翌日は松の屋さん。
久しぶりに行ったぞ!

飲んだもの。
070702_190010.jpg


070702_190024.jpg


070702_193814.jpg←睡龍


食べたもの。

070702_191108.jpg


070702_193451.jpg

もっと食べたけど…

かなり早い時間に行って、しーちゃん、るみちゃん、トモちゃんに遊んでもらっていたけど、8時も超えたらもう満員。つまんな~い。
こないだのどぶの会のメンバーの方(ひとりでおちょこ2本ずつ頼むツワモノです!)にお酒付き合って頂いて、早めに切り上げました。ヨガ行かなきゃだったし!

今度はもっとヒマな時狙って行ってやる~  がるる

でも、久しぶりの2丁目、やっぱり楽しかった~。

以上。


2007/07/01(日)
『鬼祭』
久しぶりに、前の会社の人と飲みました。

昔、社内居酒屋作ってくれた人達です。

一次会終わって、二次会はカラオケ。カラオケ何年ぶりだろ…。

カラオケにいたら、ユキ猫の友人もなぜか合流。しばし飲み、終電時間だったので、先に友人と帰りました。

店を出た友人の一言。



「いや~、…鬼の棲み家だと思った(汗)」


てへっ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。