--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/03/29(土)
『ストラップ』
20080329224511
親方が、「板やんにそっくりやろう~」とストラップくれました。

に、似ている…。

これで寂しくなくなるらしい(笑)。

しかし、新婚?にしてすでに、夫のいない生活の楽さを知ってしまった……

寝たい時に寝て、食べたい時に食べる。

めっちゃ楽や~~~

∞∞∞∞∞
YUKI!
∞∞∞∞∞
スポンサーサイト
2008/03/27(木)
『開花した』
20080327100509
ついに大宇陀でも桜咲いた。

うれしいo(^-^)o
2008/03/23(日)
『で振り返った』
20080323143326
もう帰ろうと思ったら、山並みが綺麗だった。

∞∞∞∞∞
YUKI!
∞∞∞∞∞
2008/03/23(日)
『で繰り出した』
20080323143308
で、街に恋を探しに行く代わりに、裏山登った。

久しぶりの竹やぶだった。

農作業のおばあちゃん以外、誰にも会わなかった(笑)
2008/03/23(日)
『恋の季節』
20080323142928
ほんとに裏山来た。
ちょっと歩くと梅の香り。スミレも咲いてた。

昼時なので、一人お弁当食べてるおじいちゃんいた。

私は、携帯カップにどぶ熱燗入れて、クラッカー食べつつ、飲み干した。。
うん、これはペットボトルより使える(笑)

そうなんだよ、私は春の外酒が好きで、花見なんかあると普段の3倍飲み、スーパーマックスユキべーEXになるんだよ、と思いだした。

東京では桜咲いたというし、昨日は友人から新たな恋?の相談持ち掛けられたし、春だね~~。

春は恋と繁殖の季節やね~~。
いいね~~
2008/03/22(土)
『ひなたぼっこの友』
20080322105553
今朝は全く恐ろしい夢見た。

殺人鬼に殺されかけ、無事大丈夫だったが、どうやらそれは不特定多数から狙われたようだった(笑)

目覚めが悪かったので、布団干した。で、どぶ:水が1:1のドリンク飲んだ。

天気がよいので、散歩に行こうと思う。

最近、温かいものを入れておける、マグカップを買った。

左350ml、右500ml。

何入れるかは…(笑)

裏山でひなたぼっこするか~。
2008/03/21(金)
『高級なお酒』
こんにちは。
さあ、ばんばん更新しちゃいます。

最近夫は、家の様子を見に来るたび、なぜか洗いものを黙ってしてます。相当家が荒れてるようです(笑)。

ということで。

キモト純米16BY飲みました。
開栓して半年くらいたったなあ。

もう、なんかコロコロして、頬っぺたがほんとに落ちそうっ!

常温のを、口にずっと含んで温め、味が膨らんだところを飲む!ああ、飲み込みたくないけど、後味のちょっと渋いのがたまらない。

こないだ蔵で飲んだ涼の16BYも美味しかった。

熟成酒ってさ、昔昔は貴重品でちょこっと飲む感じだったのでしょ?

澄み酒も、なんか、玄米や黒砂糖毎日食べてる人が、白米や白砂糖を食べたみたいな気持ちになる。

そんな感じで、こういうお酒は、食前にちょこっと飲むか、食後にゆっくり飲むか、的な飲み方になってしまう。

まあ、そんな高級な体ではないってことかなあ…。
それか普段から飲み過ぎてるから、自然と体がそうなるのか(笑)

なんか、濁り酒がちょうどいいんだよね。
それもあんまり進んでないのがさ!

女は古酒、というけど、畳は新しい方がいいという。

ま、結局どっちでもいーじゃんか(笑)

そのいーかげんさが、なんかウケるのであった。

ではでは
2008/03/19(水)
『甘くはない』
久々の更新になってしまった、かも。

最近、黒いビールも好きで飲みます。
姉さんと一緒に飲む、ワインも大好き。

なんか、料理と一緒に…と思うと

ビールは苦味でさっぱりさせ、ワインは酸味で切るように感じる。
途中の混ざり合う感じはワインの方があるかな。

蒸留酒も味わいありつつも、辛い感じがさっぱりするような。

日本酒は…?

米の丸さのハーモニーとかあるけど、やっぱり飲み続くのはキレなんかなあ…という気がします。

そうなると、辛い酒がいいのだろうな。

アル添酒は、辛いけど、甘い。
醸造アルコールの辛さを糖分で補うから。
だから、あまり酒度を切らせないし、四段仕込みして、糖分を補う。
アル添酒がみたらし団子の臭いがしたのは、そういう理由もあったからなんだなあ。

最近多い、甘い味の濃い日本酒。
昔はジュースみたいで大好きだった。

今、モロミの分析してるとわかるけど、発酵がまだ充分でない酒はそういう味がする。
糖分が残ってるんだよね…。

まあ、好みはそれぞれだけど、幼稚な味だったんだな~と思う。

ああ、どうしてこんなこと書いてしまうのか…

まあ、いいや。

松の屋に行くと、しーちゃんが言うのさ。

あんたたち、綺麗なかっこして、いいよね。私なんて、毎日灰にまみれてるんだから(泣)って。

冗談だと思ってた。

でも私も毎日ジャージで髪もひとつに引っ詰めてるし、すっぴんだし。

たまに、ヒラヒラスカートのお客様を見かけると、とってもうらやましくなります。

ああ、私も昔は毎日ヒラヒラだったのに…。
ここで、なかなか自分が女であることを思い出すのは難しい…。

いいのいいの、お星様はきっと私を見つめてくれてるわ!
2008/03/16(日)
『かーっとけえへん』
こんにちは、ユキ猫です。

最近、朝、めちゃめちゃ鳥がさえずっています。

こんな鳥のさえずりラッシュは初めてです。

どこの湖畔に来たのだろう…。
まあ、でも爽やかです。

ここんとこ、夕飯時に「また今日もずいぶんアテばかりですなあ」と言われてます。

はて?
そうだった?

無意識にアテを作っているみたいですf^_^;

さてさて。

ちょっと前に、久しぶりに大手メーカーと思われるアル添酒飲みました。

びっくりしました。
酒が、全く発酵してる感じがしませんでした。

若干、米が甘くなった味はしましたが、ひどい雑味が目立ちました。
ちょっと溶けたとこで、醸造アルコールをぶち込んだかな?そんな感じでした。

時々、蔵で一緒に粕詰めしてるおばちゃんが、

「日本酒って、かーっとくるのが苦手やったけど、ここのはかーってせえへんで、すーっと入っていくねん。これ飲んだら、もう安いのには戻られへんわあ」

って言ってました。

うれしかった。

以上。
2008/03/14(金)
『食べるどぶ』
20080314100213
瓶詰めの時に、下に沈んだどぶがちょっとだけ残ったみたい。

レンジ火入れして、スプーンで食べた。

美容にとっても良さそう(^0_0^)
濃いがまたなんとも言えない美味しさでした。

以上。
2008/03/12(水)
『なんかいいお話』
先日、私の学生時代の女友達に、お酒を買いたいの、と言われた。

お酒送ったら、気に入ってくれたみたい。
とっても嬉しかった。
お酒はほとんど飲めないのに!

私の周りを見ていると、食べることが大好きな人達は、うちの酒を気に入ってくれるみたい。
しかも、お酒が苦手な人でも!

で、「何と合わせたらいい?」と聞かれ、「今日はこれと合わせてこうやって飲んだ」とか写メをくれる。

なんか、嬉しいo(^-^)o

うちの酒は、化学調味料が苦手な人、古漬の味がわかる人は好きになってくれるそうだ。

蔵では、化学調味料もアミノ酸も、利き酒できなくなるからほとんど使わないよ~と言ったら、ずいぶん驚いていた。

「そうかぁ、本気って伝わるんだね」と言われ、私のほうがキョトンとしてしまった。

確かに、あの蔵の異常なくらいの清潔さはすごい。私にはまだまだ追い付けない。
(私の実家はみんな綺麗好きなのに、私だけ何故かだらし無く、いつも怒られてたことがまざまざと蘇るf^_^;)

本気って伝わるんだって。
なんかいいお話でした。

では。
2008/03/10(月)
『ご当地ネタ』
20080310040450

ぎりっぎりの時間だった東京遠征。

残り時間5分で買ったサングラス。

大宇陀は陽射し強いの!
油断したら、あっという間にそばかす。帽子はあるけど、サングラスも欲しいなあと思ってた。

でもさ、これ、ドクタースランプあられちゃんの、サラダキノコみたいじゃない!?

どうも、店員さんのアドバイスに従いすぎただろうか…。

私は、「そんなの地味よ、こっちの方がいい」という言葉に弱い。
ひとりだと、ついつい地味に走る気がして…。こう言ってもらえると嬉しいんだよね。

でも、買ったはいいが、こんなサングラスにどんな服着たらいいか、検討もつかない(o・ω・o)?

そして、この町でこんなのつけて良いのだろうか?

しーちゃんいわく、ここは寺しかなくじめーっとして、●●しか楽しみがないところだそう(笑)←各自好きな言葉を入れて下さい。

ここ、もうすぐ春だけど、桜が咲く頃は、ほんとにうるさく鶯谷が鳴くそうです。

こんな奈良は、私にとっては初めての関西だから、発見が色々。

まず、野菜が関東と違うこと。
ねぎといえば細いねぎ。白い太いのは白ねぎという。
お正月は丸大根に金時人参。
漬物にする日の菜や高菜。
その他、見たことない野菜たち。

食べ方のわからない野菜は、近所の道の駅のおばちゃんに聞くと何でも教えてくれる。

それから、魚。
ハモ、サワラ、などなど。
関西のものなのかもよくわからない。

奈良は海がないせいか、それとも流通のせいか、魚は鮮度がイマイチで、いつも料理に悩む。
粕に漬ける、照り焼き、ムニエルにする…
(^_^;)

煮魚はやったことない。なんとなく臭いが出そうで。

輸入の冷凍の魚は、なんか薬使ってるのかな?そんな表示なくても、体調悪い時に食べると胸やけがする。

魚に飢えているので、家では鰹節など炊いてふりかけにして食べている。

ずっと前に、スーパーで鰹のタタキが売っていた。買ってみようかなと見ていたら、通りすがりのおばちゃんに「これどうやって食べんの?」と聞かれた。
こっちは鰹を食べないんだね。ちょっとお話したら、私が標準語?のことに驚いているようだった。

おもしろいのは、肉。

ヒレ肉が何故か「ヘレ肉」って売ってる。

最初、チラシの間違いだと思った。
ヨッシーや姉さんと笑ったり不思議がったりしたけど、意外と普通みたい。

あと、テレビ。
ここにいると、お笑いに貪欲になってしまう。
次は何言うかな?なるほど、そう来たか、とちょっと真剣になってしまう。
なんか参考にできないかな~とか。

日常の普通のことを、いかに面白く膨らませるかって、なんかオモロイよね~

ということで、オチはないのですが、ではまた。
2008/03/07(金)
『女子だけに内緒話(男子禁制)』
松の屋さんで蔵人合コンの話をしていた。

あぁ、私が独身なら参加したかった…。

もし出ていたら、自己紹介は
「ユキ猫です、22歳で好きな食べ物は蔵人です」
とか言ってみたい。

絶対蔵人はゲット出来ないと思うが(ドン引きだろうね)、女子には多少ウケると思う。んでシーチャンに「あんたバッカじゃないのぉ」と笑顔で言われると思う。

…あ、今、天から声が聞こえる。

「ユキベー、元気エエのはかまわんが、頼むで蔵人壊さんでくれ…」

えっと。その。

やっぱりさ、盛り上がってナンボじゃーん。
面白いこと言ってナンボじゃーん。

ジョーク、ジョーク!

さてさて。

昔、まだ日本人が家の漬物を自分で漬けていた頃、こんな言葉があったそうです。

「隣の奥さんの漬物を褒めるな」

漬物を褒めることは、カラダを褒めることを暗に意味したようです。

ここだけの話。酒の世界も似たところがあるようです。

漬物は手に住む菌層や、漬ける技術が味を左右します。
人によって千差万別、好みもあるよね。

一方酒造りは、体力と精神力がまず必要で、一方で指先や体全体の繊細さと、酒を見る官能に優れてないといかんのです。

ちょっと、これ聞いただけでイイ男が多いと思いませんか~。心身一体!心技一体!

だから!
カップルになった女子は、きっとしあわせになれる。
酒好きな女子は、酒が造れる男子が3割増しでかっこよく見える。
だから男子にもチャンスがある。はず(笑)。

ただし!
自分がしみじみ旨いと思う酒じゃないと、ダメです。
一瞬の華やかなトキメキは長続きしません(笑)

でもさ、ちょっと前のことだけど、手づくりおまんじゅう屋さんの饅頭が、そのまんまオッサンの手の味がした時は、引いたな~。
手、洗ってんのかな?

あ、これ余談ね。

こうやって、私のblogはまた壊れていくのでありました。

自分で書いててちょっと怖いですわ。

ではでは
2008/03/06(木)
『モロミの顔』
20080306180941
つばきさんから、素敵な器を頂きました。

木製の、ぽっこりした大きなお椀。微かに檜の香りがするような気がします。
御礼の電話したら、「あれで酒飲んじゃダメよ」と言われました。
う、そう言われると飲んでみたい…。

というわけで、蔵です。
最近、少し早く仕事が終わるようになったので(姉さんにウラ技を色々教えてもらったんだけどねf^_^;)、モロミ見学しています。

とあるタンク。
留が終わってまだ間もないやつかな?
表面はモコモコ、イーストの匂い。

「パンのイーストの匂いする。これは酵母の匂い?」

「うん、そうだよ」

あるタンク。
表面はサラっとして、めっちゃプチプチ湧いている。留が終わってちょっと経ったものかな。

「このプチプチって、炭酸ガス?」

「そうだよ」

「酵母が糖食べて、プリッって出すやつでしょう?」

「そうそう、『糖うめ~糖うめ~、あ、出ちゃった』ってやつ」

「あはは」

とあるタンク。
しみじみ滋味溢れる香り。米のツブツブが浮いて見えてたかな?
必死で吸い込むと鼻の奥がツーンと痛い(ノ_・。)。
わさびか!?

「あんまり匂い嗅いでると死んじゃうよ」

とあるタンクはなぜか速醸のモロミと匂いが似てた。
なぜかはわからない(゜ω゜?)

あ~楽しい~

でも、楽しいとも、またちょっと違うんだよな。

引き込まれるというか、そんな感じだな。

この蔵と蔵を囲む人は、私みたいに引き込まれた人がたくさんいる気がする。

聞いたことはないけどね(笑)。

ではでは
2008/03/04(火)
『アワ』
そんなわけで蔵に帰ってきました。

蔵のみんなは、もう私が二丁目から帰って来ないと思っていたようでした。

酒が切れたら帰るさ~

そんなわけで。

酒も搾れてきて、色々利き酒の機会ができてきました。

私も一応、全部利かせてもらえます。

搾ったばかりのもの、濁りのもの、割り水したもの…。

しかし、正直言うと、全っ然わからない
(o・ω・o)?

初めての味で基準がないからかもしれない。
なんていうか、酒は比較でしか判断できない気がする。
酒単体を表現することは難しい。

炭酸ガスの辛い感じ、搾ったばかりの渋い感じ。 
これを火入れしたのを想像して、どれがいいか決めてごらん、と姉さんに言われる。

うーむm(._.)m

がぶがぶ飲んでいると、「100も200も利かにゃならん時は、吐かないと持たんぞ~」と親方に言われる。
でも、飲まないと、舌の半分くらいしか酒が当たってない感じがする。

うーむ…。

数をこなしていくしかないかあ…。

なんか、鬼ごっこの「アワ」になった気分です。
あれ?これ、ローカルルールかな?
鬼にタッチされても、鬼にならないのが、アワですわ。

ではでは。
2008/03/02(日)
『新橋のママ』
20080302205516
はい、新橋のママです。
そう呼ばれました。

昨日、お忍びで東京行きました。
あややから、お着物借りて、るみちゃんに歌舞伎町で美容院紹介してもらって、着付けして。

せっかく綺麗にしてもらったんで、記念にblogアップです。

しっかし、普段ジャージで走り回ってるのが、急に着物着ても、なかなか立ち振る舞いがうまく行かないものでした。

松の屋さんで、美女に囲まれ、二升ガールズ男子部をこき使い(笑)、それはそれは楽しいひとときでした。

二丁目の空気吸って、息を吹き返した私は、どぶをチェイサーにいろんなお酒をちょっとずつ味見させてもらいました。なかなか機会ないからね。京子さんのナビが楽しかった。

松の屋さんが有り難いのは、何でもおちょこ一杯の利き酒サイズで出してくれるんです。しかも、このサイズでもお燗してくれるんだよ。
頼んでも全部飲めないと、もったいないからね。

みんなで元気に飲んで、店のどぶもなくなりました。キモト純米もなくなりました。生詰めに行った時、閉店時間となりました。
シーチャンも元気でした。

そして、しっかり二次会も行きました。
借り物の着物でなければ、もっとハジけただろうなあ…。

でも楽しかった!!

また落ち着いたら東京行こうっと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。