--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/10/29(土)
『デトックス料理というものを知る』
中華&紹興酒をさんざん飲み食いした翌日、一緒に食べた私以外のメンバーはみな二日酔いと胃もたれになっていました。私の中華欲につきあわせちゃって、ごめんなさーい。
さて、なぜ中華料理はそんなに食べても太らないの?という疑問はまだ残っています。そういえば、韓国人もすごいたくさん食べるよね…とか思い出したりして、韓国料理もしょうがとネギをたくさん使っている…など。
もやもやしながら本屋に行くと、『デトックスレシピ50―たった7日間でからだの毒をおいしく抜く方法』という本がありました。
そうかあ、食べて栄養を付けるだけでなくて、食べることで悪いものを出すことってあるのかぁ、となんとなくピンときます。そういえば、前に中国の薬膳料理教室に通ってたとき、「補瀉(ほしゃ)」と言って食べ物には補う性質(補)と捨てる性質(瀉)があるなんて言ってたな~。
デトックスに興味を持ち、肝心の毒を抜く食べ物は何?と調べると、

■有害物質とくっついて、毒性の影響を防ぐ
・ビタミンC
 レモンやオレンジなどの柑橘類・ピーマン、ブロッコリーなどの緑黄色野菜・ハイビスカス、ローズヒップなど
・ ケルセチン
 たまねぎ・アスパラガス・ブロッコリー・パセリ・リンゴなど
・亜鉛
  カキ、アマランサス、豚レバーなど
・ セレニウム(セレン)
 わかさぎ、いわし・ねぎなど
・ハーブ成分
 シソやコリアンダー(パクチー)
・硫黄化合物
 ニンニク、タマネギ、ねぎ、しょうが、らっきょなど辛味成分のあるもの
■有害物質を吸着して排出する
・食物繊維
 ペクチン(レンコン、トマト、リンゴなど)、イヌリン(ごぼう)セルロース(穀類、豆類など)など
・ クロロフィル
 小松菜・ほうれん草・青じそなどに含まれてい葉緑素
■肝臓の機能を高め、解毒作用を助ける
・タウリン
 サザエ、アサリなどの貝類、タコ、イカ、エビ、カキ、など
・アルギン酸
 コンブ、ワカメ、メカブなど
・ イソチオシアネート
 キャベツ、ブロッコリー、大根、菜花、わさびなど
・ グルタチオン
 アスパラガス、スイカ、アボカドなど
他にウコンに含まれるクルクミン、ごまに含まれるセサミン、クエン酸など

とまあ色々あるのですが、気のせいか、結構中華料理に入っているものが多いような気がします。それと、やっぱりネギ、しょうがの類は痩せる効果があるみたい。ぴーすけさんのブログにも、この食材を好んで食べていたお婆さんが、晩年まで若々しく綺麗だったと書いてあります。うーん、ほんとなのかもしれない…。
pic_0545.jpg

早速作りました。しょうが、たまねぎ、にら、えび、いかの炒め物。えびといかは、既にゆでてあるものをスーパーで購入。
しばらく、この食材を意識して取ってみようかなーと思いました。結構好きなものが多いし。
関連ページを紹介します。興味のある方はどうぞ。
デトックスで内側からきれいに
女性必見!東洋医学で美しく
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。