--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/12/20(火)
『自分で古酒は作れる』
休肝日が続くこの頃、今すぐ飲まなくてもいいという安心感から、日本酒の長期熟成酒(古酒)の世界にどっぷりと浸っております。
とろりと甘く、やわらかく、香りは焦がしたお砂糖のよう…。古酒によって味はそれぞれですが、フルーティなもの、さっぱりして酸味のあるもの、濃厚でまったりしたもの、様々です。中には「これが日本酒!?」と思うものもあり、本当にリッチな味わいなのです。
t-1.gift-2.gif(長期熟成酒研究会HPより)

色もこんなふうに変化してきて、まさにロマン!!ではないですかっ!
熟成が進むほど、色も旨味も濃く深くなっていきます。
古酒は美味しいけれど高いのがイマイチ…と思っていたのですが、古酒専門バーと古酒専門WEBショップをされている上野伸弘さんが、「日本酒を自家貯蔵できる」と言われているのです。

日本酒をたくさん頂いて飲みきれない時や、飲んだけど口に合わないとき、何と押入れの隅っこに置いておくだけで充分美味しい古酒になるそうなのです。封を切ってしまっても(冷暗所なら)大丈夫だとか。なんとおおらか!!(最近の日本酒は衛生管理がされているので、腐ったりしないそう。)

早速、一升瓶を買って寝かそうかと思ったのですが、熟成を待てないので古酒を買って寝かすことにしました(笑)。
冬のクリスマスプレゼントという言い訳の衝動買い。私が買ったのは、達磨正宗の三年古酒。そして、澤の井の1998年純米酒と、1997年吟醸酒。どれも1800MLで3000円前後です。なかなかですよね。1升瓶の古酒を何本か用意して、封を切らずに寝かせたり、ちびちび飲みながら寝かせたり(寝るヒマがないかも…)することにしました。ああ、楽しみ・・・。


・酒茶房のHPはこちら
・長期熟成酒研究会のHPはこちら
達磨正宗のHPはこちら
スポンサーサイト
ユキ猫
あぁ、若葉さん・・・(なぜかこの始まりが多いですね)
実は、酒茶論を調べていたら、若葉さんらしき女性の画像を見つけてしまったのです!!そのオフ会の時のだと思います。
若葉さん、しっとりとお美しく、「ああ、これなら専務に見初められるわけだ」と納得した次第であります。
それはそれとして・・・!貴醸酒!!2回だけ飲んだことがありますが、ほんとーっっっに美味しいですね。大好きです。若葉さんところの貴醸酒も飲みたいよー!(どこの蔵元か教えてください~)瓶と、箱は、・・・そうですね、ちょっとレトロ風なんていかがですか?(思いつきですよ、流してくださいね)
2005/12/23(金) 11:03:12 | URL | [ 編集]
若葉
酒茶論さんには、一度オフ会の二次会で連れて行ってもらった事があります。
すごくお洒落で素敵なお店でした~♪
味醂を頂いたり、新酒と古酒の飲み比べをさせて頂いたり。

古酒とはちょっと違いますが、濃厚なお酒・・・としては
貴醸酒と言って、仕込みの最後(留)に仕込み水の変わりに純米酒を入れて造るお酒があります。
今年はうちも初めて貴醸酒を仕込みます~♪
どんなお酒に仕上がるのかとても楽しみです。
ちなみに瓶、箱等の企画は私・・・
なにかいい案があったら教えて下さいm(_ _)m
2005/12/23(金) 03:22:57 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。