--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/01/19(木)
『セミナー「リーダーシップ」へ行く』
今日はセミナーへ行ってきました。テーマは「変革と実行のリーダーシップ」です。

年のせいもあって、私も最近はメンバーのことを考えながら仕事をする立場になってきました。どうせ仕事をするなら、気持ちよく楽しくやりたいものです。

セミナーでの話によると、高度成長のころの働く人は、何もしなくてもやる気に燃えていたけれど、今の人はそうではないので、怒鳴ったり叱ったりしても頑張ってくれないのだそうです(そりゃあそうですね)。じゃあ、どうしたらいいのでしょうか。
ひとつの答えとして、「まずは、相手の立場に立って気持ちを真剣に理解しようと努めること」。そして、「自分はどんな気持ちでいるのかを真剣に考えること」。その上で、「お互いが共鳴できるような明確な目標を持つこと」でした。メンバーの自主性を重視し自由度を高め、提案があれば実現してあげることが必要だそうです。そうか、結局はひとりの人間として尊重するということなんですね。

仕事で人と接すると、自分の都合を考えてしまい、うまくいかなくてイラっとしたり、そんな自分にがっかりしたりすることもあります。広い心でいることは、自分と対話しつづけることでもあるのだなぁ…としみじみ思いました。

セミナー終了。八王子の高田屋で軽く飲みました。
pic_0924.jpg

昨日は休肝したので、今日の熱燗は美味しかった~!身体に染み渡りました。八王子の地酒桑の都、国士無双大七をお燗しました。桑の都はあっさりだけど、地酒って感じの味でした。国士無双は初めてでしたが、重めのどっしりした味が美味しかった。大七ももちろん美味しかった。

そう、セミナーでこんなことも言っていました。
個人であっても企業であっても、何かがうまくいかない時は、次のステップに移るチャンスだということ。どんな最悪な状況でも、そこに光を見出し、前向きなメッセージに転換することが大切だそうです。

さあ、今日はもう寝ましょう~。


今日のセミナー講師、大中忠夫さんの著作はこちら
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。