--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/09/20(水)
『入野酒販へ行く(後編)』
こんにちは。
最近、オカシイくらい日本酒が好きなユキ猫です。


そんなわけでやってきました、入野酒販。
なぜ知っていたかというと、『うまい日本酒はどこにある?』っていう本に載っていたのを、だいぶ前にたまたま読んでいたんです。

「こんなすごい酒屋さんがあるんだ・・・」と思ったのは覚えていましたが、内容はもう忘れてしまっていました。



お店で榛葉さんに聞かれました。
「ところでさ、出身はどこかい?」
「新潟です。新潟の胎内市。村上市の近くです。」
「村上かぁ~。いいとこだね。あそこは〆張鶴と大洋盛があるでしょ、村上の鮭のこういう部分には〆張鶴を合わせて、ああいう部分には大洋盛を合わせるんだよ。地元のお店だとそうやって出てくるからね。」

え~っ、そうなの?

「だいたいね、地元のお酒っていうのは、地元の食べ物に合うように出来ているんだよ。もちろんつまみのいらないような酒もあるし、全国区に出るような酒はちょっとまた違うけどね」

そういって、地図を広げてくれました。

20060918-3.jpg

写真は宮城県。その他日本地図の全部に蔵元の場所が書いてある!
「ここにはいい水があるから蔵が昔から多いんだ」
「ここが栗駒山、ここが乾坤一。この辺りはこういう魚が取れるから、こういう味の日本酒が多いし、この辺りは山辺だからこういう味の日本酒なんだよ」

そんなことを話ながら、「ちょっとこれ、飲んでみ」

20060918-1.jpg

出されたのは、広島の地酒「誠鏡」と同じ広島のたまり醤油「本むらさき」。

お酒を味見。淡白かな。
お醤油は、すごく甘い。みたらしだんごのたれの香りがします。
醤油をなめてからお酒を飲むと・・・あ、美味しい!全然淡白に感じず、旨みや甘みが増したような気がしました。

「醤油なめた後だと、全然違うでしょ?じゃあ、こっちは?」

と、今度は静岡の醤油を用意してくれます。こっちの醤油だと、苦味が渋みが増すように感じました。酒が美味しくなくなります。

「日本食の味のベースは醤油なんだよ。
例えば、静岡みたいにマグロを食べるところ。西の方は白身を食べる。土佐は鰹。北陸は赤でも白でもなくブリを食べる。当然、使う醤油は全部違う。合う日本酒も全部違う。
福井ってさ、有名なところでいうと黒龍と伝心だけど、他がまずいから売れないわけじゃない。それ以外の蔵の酒も、地元の料理や風土に合うように出来ているんだ。全国区に出るような酒は、広く売れるように研究をしているから、地元の風土に合うものとちょっと違うものもあるかもしれない。」

なるほど・・・。
つまみを選ぶ酒、首都圏で売れる酒、つまみのいらない酒、かぁ。
広島の醤油と、福井の醤油、静岡の醤油をテイスティングさせてもらったら、全然味が違いました。

「例えば、静岡は桜海老が取れんだけど、この刺身に一番合う酒は何かと、県内の酒を全部集めてテイスティングしたことがあるんだ。結果は、由比町の正雪が一番相性がよかったよ。(由比町は桜海老が取れるところなんです。)
この店では、全国区では知られていないけれど、『この料理に合うのはこの酒なんだ』っていう酒を見つけてスポットを当てていきたいんだ。」

うーん、すごい。素晴らしい。。。
でも、考えてみればそうかもしれません。焼津の磯自慢や高知の酔鯨なんて飲むと、かつおが食べたくなります。

「東日本と西日本の違いって、酒で見ると面白いよ。日本酒を辛くしてって言うと、東日本は糖度で調整するし、西日本は酸度で調整する。西日本はかんきつが取れるからね、料理も酸を効かせたものが多い。酸の強い料理は、濃い味の酒でないと合わんだよ。」

浜松は東日本と西日本の境目にあり、食文化は東側なので、売れるお酒も東のものが多いそうです。でも、入野酒販さんでは、これからは西の酒をもっと広めていきたいそうです。

「料理と酒の相性を考えるのは、世界では当たり前のこと。そういう意味では日本酒も世界にもっともっと出たらいいと思う。ニューヨークのレストランなんかでは、食べ物に合う日本酒が全部リストアップされているよ。」

こんなお話の他にも、歴史の話や酵母の話など、たくさんお話を伺いました。
気づいたら何と2時間近くいました!!

こんなに熱く日本酒の話をした後で、ぽつんと
「でも、どうなんだろうね、日本酒は残っていけるのかなぁ」
とおっしゃっていたのが心に残りました。
・・・私も何か協力できることがあればいいけど!

さて、私はこの日をきっかけに、もっと日本酒が好きになりました。
そして、味噌や醤油をつまみにお酒を飲むことが出来るようになりました(レディなのに・・・笑)。
つまみは、お酒を美味しく飲むためにあるのね!!

最後に榛葉さんからお酒を頂いてしまいました。
「人がお酒を選ぶんじゃなくて、お酒が人を選ぶんだよ」と話されていました。お酒を好きな人はオーラで分かるそうです(笑)

20060918-9.jpg

山陰の瑞泉。冷やしすぎず常温で飲んでね、と。
冷凍でいいから、松葉ガニと一緒に食べると美味しいそうです!

スポンサーサイト
ユキ猫
コアな日本酒ファンの皆様、コメント有難うございます。
皆様同じ仲間ですね、きっと(笑)。嬉しい限りです。

******************************************
>なおさん
仕込み水!私も大好きです。
酒は水で決まるといいますし、お酒とお水の味が似ていることってありますよね。
調味料にもこだわられて、さすがはなおさんですね!
ふふふ・・・私もうれしいです。

>りえぞうさん
実は、このお話を聞いた後、ぼんやりとりえぞうさんのこと思い出しました。
りえぞうさんずっと東京いて、金沢移って、最初の頃この地域の日本酒があまり好きになれないって言っていたのはこのせいだったのかな~なんて・・・。
今は金沢の風土に体がなじんできたのでしょうか。
石川県は関西圏みたいですしね。

>トキさん
あらら・・・。私、オーラ出てます!?(笑)

ところで!いいですねぇ、トキさんの熱い語り!
そうか、地酒っていいますものね、ほんとに。
トキさんの行ったお店にそんな方がいらしたのですか?
持ち込みOKで合わせた料理作ってくれる店があったら、すごいな・・・。

>くりいちごさん
こんにちは~。
私、広島が前から気になって仕方ありません。
酒王国ですよ、自分の中ではかなり。
いいなぁ、遊びに行きたいな、地酒いっぱい飲みたいな。

>るみちゃん
ネタ帳か~(笑)
でも、料理の話なんてさ、本当に参考になるよね。
なんかしーちゃんの顔が浮かんだもん。
まあ、これからも一緒に色々体験・経験していきましょーよ、姐さん。

>ぺちままさん
天寿ツアーの二日目に、ランチ食べた時のこと。
勝手に持ち込んだ天寿に、甘エビなどのお刺身が最高に相性がよくて、私は密かにびっくりしていたのです。
やはり、天寿も地のものが合うのでしょーねー。
だから、ペチママさんが地域の食材を使った料理と天寿を紹介されているのは、とっても理にかなっているのではと!
ところでカニ・・・松葉ガニって、私食べたことないんですよね!
2006/09/22(金) 17:33:37 | URL | [ 編集]
ペチママ
うわぁ~、すっごく勉強になりました。
私のブログも地元食材を使って、どんなお酒と合うかを考えていたのですが、足元にも及ばない・・・(汗)

最後の山陰の瑞泉、カニ好きの私には、気になる1本ですなぁ~
2006/09/22(金) 15:01:52 | URL | [ 編集]
るみるみ
ものすんごくウラヤマシイ体験をしているな~。
さすが私のネタ元のユキ猫ちゃん!

追伸:先日はありがとう!


2006/09/22(金) 03:35:20 | URL | [ 編集]
くりいちご
あ、本むらさきだ!
うちでは、ここの「しろむらさき」っていう白醤油をうすくち醤油の代わりに使ってますよ。ヾ(@^▽^@)ノ
広島の沿岸部の醤油は、魚の煮付けとかに合うように塩分控えめで甘口になってるそうです。
沿岸部の蔵のお酒はやっぱり魚料理がよく合うように思います。
ちなみに、「誠鏡」は私の実家のある竹原市のお酒だったりします。
2006/09/21(木) 23:40:27 | URL | [ 編集]
トキ
なっとくガッテン
みたいな
(笑)

ユキ猫さんがオーラを出してる事にね



確かに醤油っていうのも
その土地土地で味に違いがありますね~

つうことは
料理の味も変わるわけですよね~

だからそれに合ったお酒がある

地酒

だよね~



最近違うんじゃないの~
って思う事に
俺の料理にこの酒は
合わない
ていう
料理人


この酒に合う料理を作るのが料理人じゃぁ~ん


わざわざ
地酒を自分の所に持ってくるんだからね~


アラアラ
コメントが
愚痴っぼくなっちゃって
スマソ
m(__)m
2006/09/21(木) 21:20:11 | URL | [ 編集]
りえぞう
そういうお話、私もずーっと以前に人から聞いた事があります。
どこで誰に聞いたのか忘れちゃったけど、それがすごく「基本」みたいな考えになっています。
なんて言いながら、自分の家ではあんまり、つまみや産地の相性とか考えないでいるけど!
つまみのいらない酒、つまみがいらないのか合わせるのが難しい酒なのかよくわからないけど、そう経験もあります。
・・・で、奥が深くてよくわからなくなりましたので、人の言いなりになるか、自分勝手になっちゃっています^^;


2006/09/21(木) 15:06:30 | URL | [ 編集]
なお
日本酒の深さ、面白さ・・・私もどっぷりはまってます。お酒の試飲会で各蔵もちよりの仕込み水も各種試飲したことがあるのだけれど、お酒そっちのけではじめに仕込み水の利き水をしたら、こんなに違うのかとすごく驚いた経験があります。その後それぞれのお酒を味わうとそのお酒がどこの土地のものかがなんとなく解りました。で、こないだは、このお酒だったら絶対この調味料があうと感じて、わさびだけくださいとか芥子だけくださいとか溜まり醤油ありますかとか、わがままなお客と化していました。(迷惑なお客だね)
2006/09/21(木) 11:55:57 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。