--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/03/12(月)
『尾瀬の雪どけ☆龍神酒造へ行く』
さて、みなさんこんにちは。

行って参りました。龍神酒造。
はっきり言って、道場破りでした。ひとりで乗り込んじゃった。

20070310-1.jpg



ちなみに、春にも一回行きました。(春の記事はこちら
その時に、絶対冬も来てやる~って思ったんです。



10時。蔵入り。

本当は中には入れないそうですが、特別に入れていただき、機械とか、作業とか、原料処理について、ひとつひとつ教えてもらいました。
今回の見学は、堀越さんに案内していただきました。お兄ちゃん、ありがとう。




これは尾瀬の地下水を組み上げる井戸。

20070310-7.jpg

あの柔らかいお酒のもとはこの井戸にあり。




麹室。杉?のいい香りでいっぱい。私は麹になりたい。

20070310-10.jpg


とにかく話を聞くのと質問するのに夢中で、写真をあまり取っていませんでした。



きれいなもろみ。

20070310-2.jpg



「飲みたい!」というと何でも飲ませてくれました。
わがままですみません。

20070310-5.jpg

あぁ、美味しい・・・。



ぶくぶくもこもこ言っているもろみ。

20070310-3.jpg


秋田のmikiちゃん
の言うとおり、バニラアイスの香りがした。



もこもこがすごいと、こうやって泡を消します。
うーん、ホイップを泡立てているように見える。

20070310-9.jpg

「あの泡が食べたい!」とお願いして、泡まで食べさせてもらいました。泡は酵母です。初めて食べけど、日本酒のどっかの部分の味がしました。忘れられない味。


しぼったばかり、澱引き中。
香りがすごくいいです。タンクごとに全然香りが違います。

20070310-4.jpg

色がいいよね。


青いのを巻いているのは、なんかのタンクだったけど、忘れちゃった!!
(あとで聞いたら、もろみが底冷えしないように巻くそうです)
20070310-6.jpg



ずーっと蔵のこと、酒のこと、造りのことを聞いていたら、もう12時近くでした。
・・・2時間もいたの!? さぞかし、話す方も疲れたことでしょう・・・。



さ、ここからが本番。怒涛のテイスティング。


全てブラインドの先入観なしで味を見ます。
蔵の中の寒さなど全然気になりません。こちらも真剣です。

20070310-8.jpg


利き酒って、いろいろあります。
普段、私が飲んで感じたことをブログに書くようなもの。
目隠しして、同じものを当てるもの。
AとBはどちらがいいか?というようなもの。
あとは・・・、まぁ色々あります。例えば値段と味のバランスとかね。


お酒を飲むにも、味わう角度を変えるわけです。
といってもとても難しい。
私もまだ日本酒はじめて2年くらい。自分の中にデータベースがそんなにないです。でも、データが多ければいいというわけでもない気もします。常に一定の感性を持ち続けること。これが一番大事な気がします。


さて、お昼になりました。
しっかり蔵でお昼もごちそうになりました。
話すことは酒ばかり・・・(笑)


食事が済めば、さぁ待ってましたと言わんばかりのテイスティング。
こんなに修行させて頂き、本当にありがとうございます・・・。

20070310-11.jpg


たぶん、20~30回くらい見たと思う。
私は全部吐き出さずに飲んでしまうので、顔が真っ赤でした。
でも、全然酔えません(笑)。なんというか、仕事なのです。

蔵の方々は真剣に意見を聞きたいと思っていますから、私も真剣に味を見なくてはいけません。「今日感じた味と、明日感じた味が違っていたらどうしよう!?」と心配になります。でも、それもまた酒なのですが・・・。

今はこんな味だけど、火入れしたら?熟成したら?蔵はそこまで判断しなければいけません。かなりの経験と決断が必要なんですね。


今回、色々なタイプの新酒やら熟成酒を飲ませていただきました。
たくさん飲んで感じたことは、尾瀬の雪どけの良さは、やっぱり、仕込み水の柔らかさかな・・・ということです。どれを飲んでも感じます。
水の良さが感じられるお酒っていいですね。



それにしても、ハードな見学でした(笑)。
そして、いい勉強をさせて頂きました。




本当にどうもありがとう

(最後だけさわやかに終えてみました)
スポンサーサイト
なかのっち
 尾瀬の雪どけは大好きなお酒です。ここ4年くらい填っています。
蔵に行ってみたい。
2008/11/14(金) 18:11:05 | URL | [ 編集]
ユキ猫
>三代目さん
あら!そうなんですか。7月2日ですか!
都合が付いたら行こうかな~!
愛山、良かったですよ。しっかり飲んできました。

>るみるみちゃん
そうかな、そうかな?
毎日櫂入れしちゃうからね~!!

>mikiさん
「ユキ猫」認定マーク。
付けてくれるかしら?(笑)
そうねぇ、若い(?)女性の意見を聞きたかったみたいだけど、なんというかどきどきしますよね。
酒は、しぼりたてはどんな酒でもうまいらしいですわ~。

>ぺちままさん
濃いでしょ~。ね~。
ほんとね、自分でも怖くなります。のめりこんじゃって。
ぺちままさんの繊細な酒コメント、大好きです。
次回はとんでもないことになっていますが、許してね♡ ♡ ♡

2007/03/13(火) 20:23:33 | URL | [ 編集]
ペチママ
いやぁ~~今日の記事は、中身濃いですね!
特に『お酒を飲むにも、味わう角度を変えるわけです。
といってもとても難しい。 』
ん! そういえば、私はこういう呑み方したことないな~~
と、反省。機会を見計らってやってみようと思います。
それと、蔵元の真剣さに答えるべくユキ猫ちゃんの
姿勢もド迫力でしたね~
次回記事も楽しみにしてますよ ♡ ♡ ♡
2007/03/13(火) 16:15:07 | URL | [ 編集]
miki
>今はこんな味だけど、火入れしたら?熟成したら?蔵はそこまで判断しなければいけません。かなりの経験と決断が必要なんですね。

そうなんですよね!!私にはそこまでの先見の明と経験はないようです。
お客さまの口に入ったときに「美味しく」なければ、今美味しくても意味がないのですよね。その瞬間に訴えかけるものがないと!!「上喜元」の佐藤社長も言ってました。
蔵のみなさん、きっとユキ猫さんの素直な意見が知りたかったんでしょう!!
きっとお店に並ぶ尾瀬雪は「ユキ猫」認定マークが?!
2007/03/13(火) 14:24:51 | URL | [ 編集]
るみるみ
ユキちゃんの酒への興味はホントにすごいね!

やっぱ、蔵の嫁だよ!
2007/03/13(火) 04:01:48 | URL | [ 編集]
三代目
うらやましいなぁ。
私も一度行ってみたいです。
そうそう、7/2(月)に「尾瀬の雪どけを味わう会」を堀越杜氏さんをお招きして開きます。ご都合がつくようでしたら、ぜひ、参加してくださいね。
「愛山」のお酒、楽しみにしています。
2007/03/12(月) 23:49:29 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。