--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/07/20(金)
『新潟のんびり食い倒れの巻』
こんにちは!ユキ猫です。

竹鶴祭りの翌日、実家に行ってきました。
台風で横風強かった~。


で、到着。宴会。
070715_191332.jpg

前日あんなに飲んだにも関わらず、お燗セット。
どうもいいとっくりがないので、急須燗。今度は何か持って帰ろう。
おちょこもあるにはあるんだけど、小さいので、お椀サイズを買って帰ろうと思う。どうもおちょこが小さいと面白くないのだ。

上の画像に神亀の「小鳥のさえずり」が写っていますが、これは竹鶴祭の最後にふらりと現れたもとやすさんから頂きました。思わぬプレゼントにあやうく恋に落ちるところでした。どうも酒に弱いのです。
酒を提供する人は1割、酒を造る人は2割、酒をプレゼントしてくれる人は3割かっこよく見えます。いや、ほんと。
ということで、わいわい飲んで、ほとんどお酒はなくなりました。
鯛&あさり&海老で出汁を取った、母の手作りパエリヤが肴でした。


翌日。
新潟にある、小さな島「粟島」に行こうと家を出発。
10時の船に乗り遅れ(もはやいつものこと)、どうしよっかな~と車で考えていたら・・・。


グラグラグラっ
…誰かに車を揺らされたかと思いました。
地震でした。


県内は一気に電話が通じなくなってしまい、宿とも連絡が取れませんでした。が、特にこの近辺は建物も壊れていないし、何とかなるか~と次の便で出発することにしました。
船も動いていたしさ。


到着。
曇り空だったので、海水浴はあきらめて、海で遊んでいました。
島中、とにかく静か。時間がゆっくり過ぎていきます。

母に借りた大きい帽子をかぶって、石ころの浜辺でごろごろ。
石が太陽の熱でほんのり温かくって、背中にあてて横になっていたら、知らないうちに眠っていました。




さて、夕食。
魚メインです。鯛、さざえ、とか。
070716_180918.jpg

魚がね~、うまいのよ。刺身、煮付け、焼き物。
どれもすっきりして雑味がない。さっぱりして歯ごたえがある。
最後は、鯛のお頭をほぐして、ご飯に乗せてお茶かけてずずっ締めました。



翌朝7時。
070717_0720~01.jpg

浜辺でわっぱ飯を食べます。


これがわっぱ飯。
070717_0709~01.jpg

熱く熱く焼いた石を入れて、味噌と酒でぐつぐつ煮るんです。
入っていた魚は鯛とかわはぎっぽかったです。

ご飯に魚乗せて、汁かけて、ずずっと。
070717_0730~01.jpg

うんまい~。
子供の頃、粟島で食べたコレが忘れられなかったんだよね。



魚を食べまくって、船乗って、ただいまっと。



自分の行ってた高校の近くをついでにドライブしました。

高校生の夏、しょっちゅう食べていたかき氷が食べたくなって、食堂へ行ってみました。


あった、あった、まだやってた!
070717_123012.jpg

このかき氷、人工のシロップ香料とかは一切使っていなくって、ほのかな自然の味がとーっても美味しいんです。


メニュー。「イッセンスは使用しておりません(笑)」
070717_122755.jpg  070717_122814.jpg

値段もほとんど変わってないな。


この後、お気に入りだったパン屋さんでパンを買い(高校時代はこれで5キロは太ったと思う)、実家の近くのお寿司屋さんで魚スープのラーメンを食べて帰りました。


帰りの新幹線ではまた電車が止まってしまったので、ビール飲んだり酒飲んだりしているうちに、いつのまにか寝てしまって、気づいたら大宮でした。




以上。

スポンサーサイト
ユキ猫
●りえぞうさん
そう、りえぞうさんも東京来てたのに入れ違いだったんですよね~。もとやすさんから聞きました!
じゃー今度はもとやすさんを丸刈りにしましょう♪

●くりいちごさん
やばいです~。
またコロコロへ…。
でも美味しいものに囲まれると幸せ…。
2007/07/22(日) 15:47:18 | URL | [ 編集]
くりいちご
ちょうど、新潟だったんですね。
ご実家は大丈夫なのかな~って思ってたんで安心しました。
いいな~、食い倒れの旅!
とっても豪華~。
わっぱ飯っていうのがあるんだね。食べてみたい。
2007/07/21(土) 16:05:57 | URL | [ 編集]
りえぞう
私も帰省しました(と言っても自宅滞在時間はわずか)。
新幹線内で地震に遭い、ちょっと遅れての到着でしたよ。

時間があんまりなくて、会えたのは幼馴染一人と、もとやすさんだけでしたが、会うたびもとやすさんには惚れそうになります。
9月にまた帰省しますので、その時には是非二人でもとやすさんを手篭めにしましょう。
2007/07/21(土) 09:09:21 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。